MENUCLOSE

甫水会の名称の由来

平成6年に東洋大学「甫水会」と改めました。

学祖井上円了先生が哲学館(東洋大学の前身)や哲学堂(東京都中野区)建設のための寄付金を求めて、全国を講演して歩かれた時、寄付を寄せられた人々にお礼として書を揮毫され、書の「雅号」に使用されていた「甫水」をいただき甫水会となりました。

「甫水」とは、学祖井上円了先生の出身地「越後の国、長岡西組浦村(現在の新潟県長岡市)」の「浦」を分散して、部首の「氵」(サンズイの「水」)と「甫」を組合わせて甫水という雅号として使用されていたものです。