甫水会会長挨拶


東洋大学甫水会 会長挨拶 

 


2022年度 甫水会会長 久保 幸男
Yukio Kubo

東洋大学甫水会会長 久保幸男です。

5月28日の甫水会評議員会にて、会長を拝命することとなりました。

学生の皆様は新型コロナウイルス感染症の影響で、特に2年生、3年生はオンライン授業のみで
あったり、サークル・課外活動が出来ず思い描いていたキャンパスライフを楽しんでいない人が
多かったと思います。また、将来に不安を抱いたり、経済的に困窮するなど、さまざまな影響を
受けている人も少なく無かったと聞いており、甫水会はこの2年間は特に東洋大学の学生が楽しく
勉学を続けていけるよう大学側と協議の上、給付型奨学金制度の拡充を行ってきました。

この4月よりコロナ感染も落ち着き始めキャンパスに学生が戻って来ており甫水会としても嬉しく思っています。

甫水会活動を振り返ると21年度は副会長でしたがコロナ禍で本部活動はもとより支部活動のサポートも
満足に出来ず消化不良の1年でした。支部長へのアンケートでも甫水会活動の継続に不安を抱えている事も
再認識しました。 今年度はコロナ以前の楽しい支部活動を取り戻したいと思います。
甫水会本来の目的である、大学とご保証人様とをつなぐ役目として、東洋大学の状況や学生への就学支援などの
情報共有に努めて参ります。


改めて甫水会とは

東洋大学甫水会は、1959年1月「子女の善意と知性の伸長、健康の保全等を通じ、大学に協力して学生生活の充実を図り、
父母相互の親睦と連帯の責任感によって、子女の将来に希望と幸福をもたらすことを念願する」という趣旨をもって設立されました。
今年で創立63年を数え、会員数も26,000名を超える全国の大学父母会の中でも屈指の歴史と規模を誇っております。
東洋大学甫水会は、全国に56の支部があり、それぞれ独自の活動を行っております。
皆さまのお住まいの都道府県に支部があります。

東洋大学に学ぶ学生の保護者であることで繋がり、我が子と同じ東洋大学の学生たちの活動を応援支援し、親同士の交流を通して、
我が子以上に東洋大学を学び楽しむ会が甫水会です。

残念ながら甫水会活動もここ2,3年停滞しているのも事実であり、我が子のキャンパスに行ったことの無い保護者も多いと思います。
今年度の目標は子供たちの応援は勿論ですが、保護者がより楽しむ(会員の皆様が甫水会を楽しむ)事を目標として
多彩なイベントを企画し、東洋大学をより身近に深く知っていただけるように、心を配りたいと考えております。

どうぞお気軽に各支部の活動に参加してください。
同じ東洋大学の学生を持つ、同じ父母の仲間として、情報交換や交流を楽しみましょう。
各支部の活動につきましては、甫水会ホームページで順次公開して参ります。

東洋大学甫水会HP(別ページで開きます)

末筆ではございますが、皆さまのご子女の勉学と成長を願い挨拶といたします。

1年間、よろしくお願いいたします。