【著作紹介】見立の文化表象 中国・日本 ―比較の観点

[2021年6月更新]

見立の文化表象 中国・日本

著者:有澤 晶子(文学部日本文学文化学科 教授)
出版社:研文出版
出版年:2020年11月発行
ISBN:9784876364596
所蔵状況を確認する

比較文学 - 中国図書専門 研文出版(神保町 山本書店出版部)の紹介ページ

内容:
あるものを他のものに擬える文化の表現手段としての“見立”を文化変容の探求装置として使い、日本と中国の文化関係を五つの領域で考察する。

 

教員メッセージ

あたりまえにすごしている日本の日常の基底にある文化受容の記憶を、見立の観点で中国と対比しながら深層を探りました。
ここでいう「見立」は、「文化変容の記憶を凝縮した象徴を読み解く方法」という意味で用いています。
常識を逸脱したこだわりをもった人、社会のはみ出し者である文人達の研ぎ澄まされたクリエイティブな事跡をめぐることは、豊饒な世界をひろげてくれます。
日常のあたりまえの中にあたりまえでないものがつまっていることに気がつくかもしれません。

[著者] 有澤 晶子(アリサワ アキコ)

有澤 晶子先生

【学位】
文学修士(文学碩士)(中国芸術研究院(中国))
博士(日本語・日本文学)(学習院大学)

 

関連リンク

東洋大学研究者情報データベース(有澤晶子 教授)
動画で見るWeb体験授業 比較文学の究極の目的 -事例:南方熊楠(1867~1941)の領域を超えたマルチな比較-
日本文学文化学科教員紹介(有澤 晶子)