1. 東洋大学京北中学校 >
  2. 受験生への校長メッセージ

受験生への校長メッセージ

2020年度入試 第7号

 自分の力を信じて!            1

受験生の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

私は、東洋大学京北中学高等学校長の石坂康倫(いしざかやすとも)です。

 

年末年始も元気に過ごすことができていますか?

老若男女を問わず健康でいることが一番です。

受験生の皆さんは健康を第一にして、規則正しい生活を送って欲しいと思います。

もしも夜中まで勉強している人はそろそろ朝型に切り替えた生活をすることをお勧めします。

「早寝早起き」という言葉はよく聞きますが、早起き早寝と言う言葉はあまり聞きません。

しかし、身体は正直です。夜中まで起きていると寝起きが悪く、一日中スッキリしません。

 

日が昇る時に起きて、日が沈む時に寝るように私たちの身体はできているようで、そのような規則正しい生活が健康でいられる秘訣だと思います。

 

一般的には、入学試験は午前または午後にあります。その時に身体の調子が良くて、頭も良く働くようにすることが大切です。

首都圏では、早いところは1月から入学試験が始まります。帰国制入試はすでに始まっています。

是非とも、早起き早寝の生活リズムをつくって欲しいと思います。

また、学習についてですが、この時期になったら、本校の過去問を解いてください。そして、十分な点数が取れない場合には、どこが自分の弱点なのかを分析してその部分を強化してください。また、複数の学校を受験する人はそれぞれの学校の問題傾向をきちんと押さえておくことが必要です。さらに、基礎・基本がしっかりと身に付いているかどうかを再度確認してください。もしも、基礎・基本に不安がある場合には、発展・応用問題へとむやみに学習範囲を広げるのではなく、今一度基礎・基本の定着を図ることが大事だと思います。

 

受験生の皆さんは、これまで自分なりに一所懸命に頑張ってきたと思います。

自分の力を信じて入学試験に臨んでください。

 

202011

 

 

2020年度入試 第6号

規則正しい生活を!            

受験生の皆さん、こんにちは。

私は、東洋大学京北中学校長の石坂康倫(いしざかやすとも)です。

皆さん、お元気ですか。

12月ともなると世の中が慌ただしくなるのはなぜなのでしょうか?

デパートやスーパーはクリスマスセールなどで賑わいます。

人々も1年の終わりくらいは、ちょっと贅沢もしたいとか、豊かな気分になりたいと心躍るのかもしれません。

また、年末には冬休みになります。この時くらいはのんびりして過ごしたいものですが、皆さんのご家庭はどうですか。多分、皆さんが受験生なのでそれどころではないという雰囲気なのかもしれませんね。

受験生の皆さんもここで気を抜いたら大変とばかりに、塾の冬期講習などに通う人も多いかもしれません。

でも、私は次のように思います。

今大切なのは、規則正しい生活を送って自分の良いペースを持続することではないでしょうか。もちろん、受験は最後の最後まで決してあきらめてはいけません。以前にも自分自身がすべきことを精一杯することが大切なのですと書かせていただきました。新しいことを学ぶことは大事です。しかしながら、そのためにこれまで身に付けてきたことを忘れてしまっては意味がありません。

私は、これまでの学習で身に付けてきたことを定着させてほしいと思います。そのことをしないと受験が終わったとたんに身に付けたはずのことをほとんど失ってしまうからです。

12月は定着の時期だと思います。自分の身に付けた知識やその活用をいつでも発揮できるようにしておいてください。その上で、1月になったら何をすれば一番効果的かを判断すればよいと考えます。

インフルエンザも流行っています。規則正しい生活をすると免疫力をほとんど落とすことなく生活することができます。焦ることもなく学習にも打ち込めます。

周囲がどんなに慌ただしくなったとしても、あなた自身は常に気持ちを変えずに規則正しく過ごしながら、特に基礎学力の定着に努めてほしいと思います。

 

受験生の皆さん、ぜひ、生活リズムを変えずに規則正しい生活をしてください!

2019年12月17日

 

 

2020年度入試 第5号

健康に注意してください!            

受験生の皆さん、こんにちは。

私は、東洋大学京北中学校長の石坂康倫(いしざかやすとも)です。

皆さん、お元気ですか。

 

ここにきて、朝晩がずいぶんと冷え込んできました。

徐々にではありますが、インフルエンザに罹患(りかん)したという話も耳にします。インフルエンザは受験生の皆さんにとっての大敵です。十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけて、勉強に集中できるようにしてください。若い時には無理が利きます。しかしながら、若いからと言って無理をし過ぎると故障を生じ易くなります。

もちろん、受験生であるあなたが無理をしてでも頑張ろうとしていることは想像できます。問題なのは、休息や栄養を無視して体調が悪いにも拘(かか)わらずに机にしがみついていないと不安に感じてしまうことです。しかし、そのことでかえってって効果をなくしてしまうこともあります。その時には、体調を整えることを最優先することがいいと思います。頑張ることはもちろん大切です。要は、健康を第一優先にし、受験勉強の仕方を工夫することによって学力向上とその定着に努めてほしいということです。

私は学校説明会の時に、本校の心がけを紹介しています。「正礼し 正聴し 尽瘁(じんすい)すれば 不可無く 良生なり」です。尽瘁とは、自分のことを顧みずに病んで倒れてしまうほどに一つのことに一所懸命に尽くしきることです。実際には病気になって倒れてしまってもいいというわけではありません。そのくらいの覚悟で事に当たることが大切であるという心がけを言っています。ですから、あなたが自分の心の中にこの気持ちを持ち続けて頑張れば、志望校にも合格して入学することができるという意味だと考えてください。

頑張り通すということは、自分の体調を整えながら受験勉強に励むということであり、寝るな!食べるな!ということではありません。体調を整えながら、さぼることなく手を抜かずに勉強し続けることが大切です。

人は、時間が迫ってくると焦りが出てきます。これは皆同じです。しかしながら、持続してやるべきことをやった人にはほとんど焦りはありません。何故なら、やれることは全部やってきたからです。準備できることは全部準備してきたからです。

ですから私は、あなたにこのメッセージを送ります。

「健康に注意してください!」

 

頑張れ!受験生。

2019年11月11日

 

 

2020年度入試 第4号

惑わされないで!             

受験生の皆さん、こんにちは。

私は、東洋大学京北中学校長の石坂康倫(いしざかやすとも)です。

皆さん、お元気ですか。

 

私にとっての9月は大変でした。私が住んでいる千葉県では台風15号の影響による停電や断水で甚大な被害が出ました。これだけ科学が発達し、情報網が進化していると言われている時代なのに、情報が届かず、パニックに陥り意気消沈して疲労困憊した人が沢山いました。

結局は、倒木を取り除いて道を作り、近隣との連絡を取れるようにしてくれたのは、自力で行動した人の手によるものでした。勿論、電力会社や県、市町村が必死に取り組んだのは承知した上での話ですが。

 

私たちには、自分で考え、判断し、決断して行動しなければならないことが本当にたくさんあります。

受験生の皆さん、誰かに頼ろうとし過ぎないでください。最後は、自分の力で合格を勝ち取る以外に方法はないのです。

ですから、受験シーズンになったから頑張ろうとか、今こそ勝負だとかといったような様々な情報に惑わされないことが大切です。

受験シーズンという言葉にしても、読書の秋という言葉にしても、そのシーズンにはそれが一番いいなと思った誰かが言ったことでしょう。勉強も読書もオールシーズン一年中いつでもできることです。

これから試験本番に近づくと、周囲の人たちや受験雑誌が様々な情報を提供してくれます。その情報を冷静に把握し、あくまでも判断材料の一つとして参考にすれば良いと思います。

どの学校にも良いところもあるし、悪いところもあるはずです。ですから、第1志望校に入れても、第2第3志望校に入れても、あるいはあまり希望していなかった学校に入ったとしても、最後に大事なのは自分の心がけです。

 

私は、本校が一番いい学校だと思っています。長く都立学校に務めていた私は、いくつかの学校に勤務してきました。異動の後暫くして、妻に「東京都で一番いいい学校に異動になったなぁ。」と言うと、妻は「あなたは異動するたびにいつも同じことを言っているわよ。」と言われたことがあります。本当に、住めば都であって、生徒や教職員が自分の宝物になるのです。

ですから、受験生の皆さん、いろいろな情報に惑わされずに、健康には注意しながら自分ができる限りの努力をして、目指す学校に入るために頑張ってください。そして、周りのことを気にし過ぎず、自分のペースを崩さないで勉学に励んでください。

頑張れ!受験生。

2019年10月7日

 

 

2020年度入試 第3号

学習の成果はこれから出る  

受験生の皆さん、こんにちは。

私は、東洋大学京北中学校の石坂康倫(いしざかやすとも)です。

皆さん、お元気ですか。夏休みが終わりました。3学期制の学校は2学期が始まりました。

2学期制の学校では前期の終盤となり、大事な時期を迎えたといえるでしょう。

それぞれの児童の皆さんが学校選びをして夏休みの生活を送ったことでしょう。

夏休み前にお伝えした「夏休みは、早く起きて早く寝る、それまでの時間を如何に有効に使うかが大事だと思います」と同じように、これからの生活も朝方にして自然な状態の中で毎日の学習に取り組んでください。

実は、夏休み中の成果はこれから出てきます。漢字の練習などはすぐにでも効果は出ますが、特に国語の文章問題や数学の文章問題などは、少し時間が経ってからその成果が答案に現れてくることが多いのです。したがって、すぐに成果が出ないからと言って気落ちする必要は全くありません。

ノーベル物理学賞を受賞された小柴昌俊先生の「やればできる」は本当のことだと私は思っています。結局はやるかやらないかです。頭が良いとか良くないとかよく言う人もいますが、どういう人が頭が良くて、どういう人が頭が悪いかなど、簡単には決めることなどはできないのです。皆さんが、自分の力を伸ばすこと、自分でも気が付いていないかもしれない潜在的な能力を引き出すかが大事です。どの中学校ならば自分にとって、そのようなことがより可能になるのかという点で学校選びをするのも一つの判断基準だと思います。

一方で、皆さんが大人への階段を上る時に、その人の人間性がどこまででき上がっているのかが重要です。いくら多くの知識があったからといって、どんなに英語が上手に話せたからといっても、もし心が育っていなかったなら人の役に立ちたいという考えは浮かんでこないでしょう。私たちは、将来一社会人として社会にどのような形で貢献できるかということが重要なのです。受験生の皆さん、そうで思いませんか?

そのためには、我慢強さとか人の気持ちを分かろうとする人でなければなりません。

そして、皆さんが人の役に立ち、社会に貢献できる人になるには、全体を見渡し、興味関心に基づく学問的な領域で専門的に探究することも求められてきます。

そのような人になるために、私たちは教養を身に付けるのです。それが、中学校や高校での学習なのだと私は考えています。

まだ、志望校が決まっていない人がいらっしゃいましたら、是非とも本校の学校説明会にいらしてください。必ず、これからのことを考える上でのヒントを得られると思います。

2019年9月4日

 

2020年度入試 第2号

衣食住を大切に

受験生の皆さん、こんにちは。

私は、東洋大学京北中学校の石坂康倫(いしざかやすとも)です。

 

皆さん、お元気ですか。これから、夏休みに入ります。計画は立てていますか?

きっと勉強ばかりの計画になっているのかもしれませんね。

でも、よく衣食住と言われるように、日本では、衣(衣服)、食(食事)、住(居住)は生きて行くための基本とされています。寒ければ厚着にする。暑ければ薄着にする。お腹が空けば食べ物をとる。のどが渇けば飲み物をとる。寝たいときには寝る場所を確保する。集中して物書きをするときには机に向かう。つまりは、健康的に過ごす基本は衣食住をしっかりとすることです。徹夜をしてテストを受けても、ボーっとしていたのでは力は発揮できません。

学習に基礎基本が大切なように、学習するための健康を維持することが先ずは大切です。

 

夏休みは、早く起きて早く寝る、それまでの時間を如何に有効に使うかが大事だと思います。

受験生の皆さん、やった気になるのではなく、実を得るためにはやるべきことをやることが重要です。何といっても意欲が一番大切です。そして自主性も大切です。それが行動に伴ってこそ成果となります。是非とも、早く起きて学習をし、お腹を空かして朝食をとり、適度な運動をし、気分転換もしてください。

尚、学習を中心とした生活の疲れを取るには、入浴が効果的なようです。私もついシャワーで済ませてしまいがちですが、湯船につかって血行を良くし、リラックスすると良いようです。このような生活ができれば、必ず充実した小学校6年生としての夏休みを送ることができると思います。

 

受験生の皆さん!頑張ってください。

ぜひ、充実した夏休みを過ごしてしてくださいね。

2019年7月19日

 

 

2020年度入試 第1号

頑張れ受験生!      

 

受験生の皆さん、こんにちは。

私は、東洋大学京北中学高等学校長の石坂康倫(いしざかやすとも)です。

 

本校は哲学を基盤として「より良く生きる」ことをテーマにしている学校です。

本校は併設型中高一貫教育校ですので、入学すると6年間を本校で過ごすことになります。

 

年々受験生が増加し、毎年レベルが上がってきています。

それだけ多くの小学生に関心を持っていただいているという証なのでとても嬉しく思っています。

また、何よりも嬉しいのは、「毎日が楽しい。授業が楽しい。友達とお話したりするのが楽しい。」という生徒たちの声を聴くことが多くなったことです。

益々、活気あふれる素晴らしい学校になると確信しています。

 

そんな本校に入学したいと思ってくれている皆さん!是非、受験を突破して本校に入学して、大きく成長してほしいと思います。

とは言え、受験に合格しなければ本校には入学できません。

本校に入学するためには、日々の学習の積み重ねが重要になります。

そして何よりも、テクニックに走るのではなく、基礎的な力、つまりは基礎知識、基礎読解力、基礎表現力が必要です。難しい問題を解くというよりも、先ずは基本的な問題を正確に解くことが大切です。それができた場合には、応用問題にも挑戦してみてください。

 

さあ!学校説明会にお越しいただき、やる気を出して大いに頑張ってください。

2019624