MENUCLOSE

国際地域学科 国際地域専攻

人材の養成に関する目的

国際地域学科国際地域専攻では、国際的な視野のもとに現場主義に基づく「地域づくり」を国内外で展開し、日本を含めたアジアを中心に開発支援やビジネスなどを通して地域の発展に貢献していくことができる、高度な知識を元に実践することができる人材の養成を目的とする。

学生に修得させるべき能力等の教育目標

「公共政策」、「比較文化・社会」、「国際開発」、「地域デザイン」、「環境・防災」の5つの履修コースを設けて、養成する人材に必要な能力を習得させるだけでなく、留学、現場での研修などをカリキュラムに位置付けることにより、

  1. 地域の諸問題に対する知識と、人文科学・社会科学・自然科学の多様なアプローチを用いてそれらの諸問題を分析する能力、
  2. 国際社会を舞台に活躍するための異文化環境における実践的な語学力、コミュニケーション能力、
  3. 国内外での「地域づくり」の現場における課題への対応のノウハウと、それを具体的に実践していく能力、

の3つの能力を習得させることを教育目標とする。