TGL SILVER認定者 社会学部メディアコミュニケーション学科3年 桐山理恵さんインタビュー(2020年3月時点)

①東洋大学に入学した当時、どんな目標を持っていましたか?また、現在はそれに近づけていますか?

長期留学をしたい、という目標は大学に入学する前から持っていました。入学して間もないころから留学に関する情報にアンテナを張って、学内の留学カウンセリングに行っていました。自分が想像していたよりも長期留学をするための準備が必要だと知って、早くから準備できたので良かったです。そして2年次の8月から認定留学で、アメリカのノースアラバマ大学に1年間行くことができました。長期留学という目標を達成できたこと、そして留学先でとても濃い時間を過ごせたことにとても満足しています。

なぜTGL GOLDの認定を目指していますか?

TGLゴールドを目指すようになったのは、今回TGLシルバーを受賞したことがきっかけです。TGLシルバーを受賞するまでは、自分にTGLゴールドは不可能だと思っていました。受賞をきっかけに自分の国際活動の足あとを振り返った時に、それらの活動を何か1つの形に残したいと思うようになりました。私が所属しているTGS (Toyo Gem Stone)には、TGLゴールドを受賞される先輩が大勢いらっしゃいます。あこがれの先輩方がゴールドを受賞したことも、自分にとってとても大きな刺激になりました。

③TGL SILVERの認定を目指す上で、一番のハードルは何でしたか?また、そのハードルをどのように乗り越えましたか?

私にとっての一番のハードルは、留学中の単位の取得でした。留学先の語学の授業は特に大きな困難もなく単位を取得することができたのですが、アカデミックの授業は簡単にはいきませんでした。特に、パブリックリレーションズのクラスで小レポートの提出が4回あったのですが、3回目の提出までは全く良い点数をとれず、このままでは単位が取れないのではないかと、とても焦りました。何度もライティングセンターに足を運び、アメリカ人のクラスメイトにもアドバイスをもらいました。最後に満点を取ることができた時はとても嬉しかったですし、サポートしてくれたクラスメイトやメンターさんにはとても感謝しています。

TGLプログラムへの積極的な参加は、あなたの大学生活にどのような影響を与えましたか?

学部や学年、国の垣根を越えた交流が、自分に最も大きな影響を与えたと思います。留学前に参加した講座でできた友達がいたり、留学やTGSの活動を通して海外の友達がたくさんできたり、本当にたくさんの人と出会うことができています。そのなかでさまざまな文化や価値観を学び、受け入れることで、人間的な成長にもつながっていると思います。また、入学当初と比べて主体的に行動できるようになりました。まず挑戦してみる、という姿勢になることができたと思います。 

 

TGL SILVERに既に認定された先輩として、在学中の後輩たちや新入生たちに英語でメッセージをお願いします。

You can do everything during this 4 year.

Please do not hesitate to do something you like or want.

There are lots of things which might be your life changing.

I hope you can achieve your own goals!