チェンマイ大学(タイ)

 ~ 自分の人生にとって必ず意味のあるものになります! ~ 


保谷 美乃莉 さん(文学部 国際文化コミュニケーション学科 3年) チェンマイ大学/タイ

 

留学前から留学を終えるまで 

私はもともと外国語や国際文化に興味があり、海外に住んで言語を勉強したり授業を受けたりしながら、その国の人々と交流できる「留学」は高校時代からの夢でした。また、金銭面から見て留学先での授業料が免除される「交換留学」を選択しました。タイは中学生の時に家族旅行で訪れたことがあり、人の優しさや温かさに触れ、「微笑みの国タイ」の魅力を感じました。また、都会よりも自然の多い田舎が好きで、バンコクに比べ日本人が少ないという理由からチェンマイの大学を選びました。出発前はLEAPを受講して海外の授業スタイルを学んだり、東洋Achieve Englishを受講して英語力の向上や維持に努めることで、留学先でもできるだけ困らないよう準備しました。

チェンマイはゆったりした時間が流れ、人も優しく、環境が自分にとても合っていました。そのため、ホームシックになることもなく、楽しい毎日を過ごしていました。授業は基本的に英語で受け、内容はプレゼンやロールプレイングが多く、アクティブな印象でした。また、留学生向けのタイ語の授業も受講し、そこで習った簡単なフレーズを屋台や街中で使うようにして身につけていきました。日本人一人という環境で、タイ人同士がタイ語で話していると、会話の内容がわからず歯痒い思いをしたこともありましたが、自分から英語で話しかけたり、覚えたタイ語で自己紹介したりすることで少しずつ距離が縮まり、友達も沢山できました。
 
私は4年生で卒業するため、留学中に就活を始め、帰国後はすぐに面接を受け、夏になんとか内定を貰うことができました。留学後に就活を考えている人は、留学先での経験を話せるよう、毎日日記をつけることをお勧めします。また、留学先で出会った友達とは、今でも連絡を取り合うほど仲が良く、国境を越えて築いた友情は、私の人生にとって大きな財産になりました。留学先では今まで当たり前だと思っていたことが簡単に覆され、様々な価値観や文化を知ることができ、毎日が刺激的でとても楽しかったです。そして、留学を通して身につけた多様性を尊重する力は、今も活かされていると感じます。

 

これから留学を目指す学生へ一言 

私は「留学は準備が命」だと思っています。今できることをどれだけやるかで、留学の質が大きく変わります。日本にいる間にコツコツ語学を勉強したり、東洋Achieve EnglishやLEAP、ECZを活用して、留学に向けて備えておくと良いと思います。社会人になってからも留学はできますが、こんなに自由な時間は今しかありません。ぜひ、自分が後悔しない選択をしてください!

 

picture_hoya 1picture_hoya 2picture_hoya 3