MENUCLOSE

休学および退学について


休学


所定の期日までに所属学部の教務担当窓口での手続きを完了させる必要があります。
その場合に限り、休学期間の開始日を休学する学期の期首付けとして扱うため、納付金内訳のうちの「一般施設設備資金」の半額と「その他の費用」のみを納入し、休学することができます。
入学年度や履修状況等により条件が異なる場合がありますので、休学に関する詳細については所属学部の教務担当窓口にお問い合わせください。
所属学部の教務担当窓口に相談のうえで手続きを完了させてください。



退学


所定の期日までに所属学部の教務担当窓口での手続きを完了させる必要があります。
その場合に限り、退学日を前学期の末日付として扱うため、当該学年または当該学期の納付金を納入する必要はありません。
すでに納付金を納入している場合には対象の納付金を払い戻します。
払い戻しは、原則として手続きを完了した翌月に銀行振込で行います。
入学年度や履修状況等により条件が異なる場合がありますので、退学に関する詳細については所属学部の教務担当窓口にお問い合わせください。
所属学部の教務担当窓口に相談のうえで手続きを完了させてください。