MENUCLOSE

修了生・在校生が語る大学院の魅力(前馬 真志さん)

国際観光学専攻 在学中 前馬 真志さん

実務の中で気づいた問題意識とアカデミックで得た知識を用いて課題を解いていくワクワク感


Q.大学院に、進学しようと思った動機・経緯は?

ホテル業界でお客様と接する中で、近年インバウンドの状況は大きく変化していると実感したことです。そこで、宿泊施設としての対応をきちんと調査、分析そして予測をするために学びが必要だと考えました。

 

Q.なぜこの大学院を選んだのか?

最も重要なポイントは私の研究テーマを進めることです。そのために最高の環境は東洋大学大学院でした。理由は、高い専門性を持った先生が多くいらっしゃること、カリキュラムが充実していること、そしてそれを支援する教務課と研究施設の体制が整っていたからです。

 

Q.大学院で学んでみて気づいたこと・発見したことはありますか?

毎日が発見です。
今まで自分の勤務しているホテルのことしか知らなかった、一方、授業では地球規模の視点で観光産業の講義が展開されます。ですから、日本の観光振興にとって期待されることは何か、自身の意識の持ち方が大きく変わりました。

 

Q.大学院の魅力は?

たくさんありすぎます。
一番は、国際観光学を志すクラスメートとの出会い。国、年齢、言葉も違うけれど、学ぶうちにそれを越えて、相互に理解が深まりました。研究を進める上では失敗や多くの困難もありますが、それが経験できることも、魅力と感じます。何故ならば、それを踏まえて、先生や仲間からの示唆に富んだアドバイスや貴重な情報交換の機会があるからです。

 

Q.大学院での学びを通して得たもの

修士論文を書き上げるために、統計学の履修が必要でした。全く苦手で、不安でしたが案の定さっぱりわからず受講を止めようかと思いました。クラスメートがポイントを教えてくれた式を何度もみて、試して、を繰り返して5日目の朝、ついに解けたときに、達成感を味わいました。
そのような小さな体験の積み重ねが、現在は不可能かと感じることも覚悟を決めて取り組めます。

 

Q.論文の研究テーマ

私の研究テーマは「インバウンド観光における宿泊産業のあり方-ベトナム人の訪日旅行に対する意向についての研究-」です。
今後ますますASEAN諸国からの観光客は増える可能性があり、インバウンドのマーケットは国別の文化や行動を理解する必要があると考えています。観光の果たす役割は日越の交流にとって重要で、私の研究がそれに貢献できればと思います。

 

Q.指導を受けた教員とのエピソードを教えて下さい。 

教員名:徳江順一郎 准教授

徳江先生とのエピソードは、先生はビジネスの世界、国際観光学の分野どちらにも交流がありその関係性を軸として様々な人々にお会いし、視野が広がることです。また、実践と理論の両方を講義で述べられています。そのため、ホテルの現場で自分が体験した課題やその特性について論理的な理解ができます。ほんの一例ですが、クレーム対応。以前は回避したい対応でしたが、先生の著書を読み理解したことで、その後大好きな対応に変わりました。

 

Q.大学院での学びが、今どんな形で役立っていますか?

将来的に、ホテル業界で仕事をする上で、課題を抽出するだけでなく解決に対策を考え、積極的に動けると考えます。インバウンドの今後の可能性の中で、訪問する側の意向を調査分析し、迎える側の対応を強化することは、ホテル業界だけの対策ではなく、観光立国に役立つ実証研究だと考えます。

 

Q.お金のやりくり方法や授業料などの捻出方法や、生活費のやりくり方法など工夫した点や家族や職場のエピソードなどがあれば教えてください。

大学院を考えた時、まず家族の理解は不可欠でした。
社会人は仕事が生活の中心ですから、私は、家庭内の調整が必要でした。学問のための時間、場所、経済について仕組みづくりを家族とまず話し合いました。幸い理解を得て5ヶ月間は仕事以外の時間は勉強に集中させてもらい今の大学院生活が叶いました。いつも感謝しています。   

              

Q.現在の1週間、または1日のスケジュールは?

月曜日

授業4・6限と復習

火曜日

準備と授業6・7限

水曜日

図書館

木曜日

準備と授業7限

金曜日

ティーチングアシスタント4限

土曜日

授業2限

日曜日

休日

 

Q.今後、東洋大学大学院を目指される方たちへのメッセージをお願いします。

是非、一緒に学び研究を進めましょう。
ご自身の日常の業務で何かしら課題があり、志すテーマがあれば、率直に大学院進学相談会で話してみてください。スペシャリストの先生がたが、明確に方向を示してくださいます。そして、東洋大学大学院国際観光学研究科には万全な研究指導体制が整っています。

 


プロフィール

玉川大学文学部を卒業後、株式会社帝国ホテル入社。
宿泊部フロントインフォメーション勤務。子育てが終了後、2011年〜2017年4月帝国ホテルプラザ案内係として勤務。

 


(掲載されている内容は2017年10月現在のものです)