教員からのメッセージ(吉浦輪教授)

吉浦先生写真

Q.教員としてご自身の専門分野を踏まえ、「研究者として研究」することの意味とは?

分野領域によって、様々な立場がありますが、私は、社会福祉学の研究に携わる上で、「現実の社会の中にある問題を研究テーマとする」「研究のための研究はしない」ということを、自らのモットーとしています。この分野では、研究者の立場性や、研究自体にも、実社会に於ける実践的意味があり、今日、その意味を正面から捉えた研究が、より重要な時代になってきていると思います。

Q.教員としてご自身が、研究者になった経緯をご紹介ください。

漠然として問題意識から、社会福祉を学ぶために大学に入ったのですが、以後、大学、大学院、現場で、何人かの恩師に出会いました。いずれも、個別臨床に軸足を置きつつも、社会的文脈から、マクロとミクロをつなぐ立場で研究を進められている恩師でした。現実の問題にコミットする研究者に指導を受け、その姿を見て育ってきたことが大きなきっかけです。

Q.教員としてご自身のご専門分野について、現在までにどんなテーマを研究されているのかご紹介ください。

高齢者/障害者福祉の分野では、今日、「地域包括ケア」という言葉が盛んに使われるようになってきました。その中身についてはさておき、そのような時代状況の下で、ソーシャルワーカーといわれる人々がどのような場所で、どのような業務を担っているのか、その実態を実証的に明らかにすることを一つのテーマとしています。同時に、ソーシャルワーカーの業務は、時代背景を受けて、より多職種連携・協働の中で行われるようになってきており、その今日的なあり方についても研究を進めています。

Q.研究者として、つらかったことや、嬉しかったことは?

福祉系大学の場合、医療系に比べ、臨床教育と研究の垣根が曖昧で、大学の組織体制も、ある意味、二刀流が主流です。近年、福祉士養成を中心とする人材育成の実務負担が増大し、研究に十分な時間と労力をかけられないことが、懸念材料です。

Q.大学院で学ぶことの魅力とは?

G.コノプカという歴史上の偉人は、「科学がなければ外科医も肉屋も同じようなもの」との言葉を残しました。経験は人間の成長に不可欠な要素ですが、一方で「経験とカンと度胸」による科学性のない社会福祉実践には、時代の課題を乗り越えるクリエイティブな力は期待できません。大学院は、専門知を基盤にして、科学的なものの見方と考え方を養うための基礎的な「修行」を行う場としての魅力を持っていると思います。

Q.大学院で学びを考えている受験生にメッセージを一言。

臨床、研究のいずれを目指そうとも、「科学とヒューマニズム」に鍛えられた福祉人材として成長したい方は是非、受験をご検討下さい。


プロフィール

氏名: 

吉浦 輪 (よしうら とおる)

経歴: 

現在、東洋大学大学院ライフデザイン学研究科 教授
1989年 日本福祉大学大学院修士課程修了
1990年より1998年まで医療法人財団健和会ソーシャルワーカー
1998年 東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了 博士(社会福祉学)
1998年 東京都立大学人文学部助手
以後、法政大学現代福祉学部、中部学院大学を経て、2009年より、東洋大学ライフデザイン学部及び大学院福祉社会デザイン研究科ヒューマンデザイン専攻

専門: 

医療福祉論、社会福祉援助論、多職種連携協働論(IPC/IPE)、多重問題家族アプローチ

著書:

(共編)
・『ラーニングシリーズIP保健・医療・福祉専門職の連携教育・実践1~3』協同医書出版社,2018年
(共編著)
・『社会福祉援助学』学文社,2008年
・『ラーニングシリーズIP保健・医療・福祉専門職の連携教育・実践4』協同医書出版社,2018年
・単著:『ラーニングシリーズIP保健・医療・福祉専門職の連携教育・実践5 地域における連携・協働事例集』協同医書出版社,2018年


(掲載されている内容は2018年10月時点のものです)