MENUCLOSE

大学院で学びたい方

在学生の方


ヒューマンライフ学専攻

ヒューマンライフ学専攻長 渡辺裕美教授

 

専攻長からのメッセージ 

 ヒューマンライフ学専攻は、2018年に設置された修士課程であるライフデザイン研究科生活支援学専攻及び健康スポーツ学専攻を基盤とした博士後期課程です。それぞれの専門的知識を基本に、社会問題の解決に貢献できる高度な学術的研究を行い、その成果を博士論文としてまとめることを目的とした専攻です。

 これから私たちは今までにどの国も経験したことのない少子高齢人口減少社会に直面することとなります。地方都市の機能低下や労働者人口の減少が進む中で、健康寿命の延伸や介護予防、認知症への対応等、さまざまな課題を抱えることとなります。このような課題解決のための接近方法には、これまでの学問や科学の単一的接近方法ではなく、複合的で学際的な接近が必要となります。本専攻ではヒューマンライフ学という新しい学際的接近を基本として研究を進めることを主要とします。

 一方でこれからは福祉先進国としてアジア諸国の目が日本へと集まることでしょう。このような意味からも、ヒューマンライフ学の研究情報発信が本専攻のミッションでもあります。日本国内にとどまらない国際的な研究や情報発信も積極的に進めていただきたいと考えます。

 これまでの福祉の限界を超え、クリエイティビティとイノベーションセンスにあふれる研究能力を求めます。単に福祉や保育、介護、医療、健康、スポーツに関する専門知識の習得に終始しない、問題解決のための新たな理論体系を生み出す力をこの専攻で身に着けていただきたいと思います。

概要

「ヒューマンライフ」に関わる様々な学問体系を基盤にしつつも、健康、福祉、医療、高齢者、障害者、子ども、地域、これらのキーワードに関わる研究課題を、学際的な見地から研究する能力と、その成果を地域の再生や実践の構築に結びつける臨床的な能力を醸成できる大学院教育を目指しています。

入学定員:博士後期課程 5名
開講時間:昼夜開講(昼間主)
キャンパス:赤羽台
学位:博士(社会福祉学)、博士(健康スポーツ学)

ヒューマンライフ学専攻教員紹介はこちら