MENUCLOSE

International Students : THAPA SAKHILA International students : タパ サキーラ (THAPA SAKHILA)さん

Contributing to improving a rural educational level of my home country, Nepal

 

THAPA SAKHILA

Born in Rupandehi district, Federal Democratic Republic of Nepal.

After graduating from Tribhuvan University, Le Van de human campus (Nepal), worked for Nepal Ministry of Education for five years.

Worked as a computer trainer for school teachers, and then came to Japan in 2013.

After studying the Japanese language in Okinawa for 2 years, enrolled in the Master's program in the Graduate School of Regional Development Studies at Toyo University, majoing in Regional Development Studies.

She will continue the PhD program in the Graduate school of Regional Development Studies at Toyo University from April 2015.

Q.Please tell us about your home country.

Nepal is a country which is located next to India and Tibet of China.
The Himalayas where Mount Everest is towering in the north and tourism industry is booming.

It is also called a birth country of "Buddha" who is the founder of Buddhism.

There are about 100 ethnic groups and 100 languages in Nepal and a common language is Napali. The land is horizontally long and the languages and foods are different between the east and the west.

I got a job after studying at faculty of education at university in my home country for 3 years. 
The work was also related to education and I learnt a lot. Particularly, I am interested in rural education.

Q.What prompted your decision to study in Japan?

Japan is so-called a developed country in Asia and Japanese technology is popular.
When I checked out Japanese education, a literacy rate is over 90% and I thought it would be a good environment for my research.

Q.Why did you select Toyo University?

When I was looking for a graduate school on the Internet, I found a various faculties and graduate schools were available and the course of Regional Development Studies was there, so Toyo University became interesting to me.

I participated in Admission Consultation Meeting in 2011 and talked directly with professors. I thought I could research on my desired area, and then chose to come to Toyo University.

Q.Please describe what you have aquired through the study at Graduate School.

The study of graduate school is not only lectures but also research and practical base studies, so you can learn a lot regarding your research theme and understand the actual cases.

 

Q.Please describe your current research topics and the content of lectures.

My research theme is "A role of social network regarding educational development in the rural agricultural area of Nepal".  I talk about "agricultural development of one rural village" in Nepal, utilizing "Social network" and give some suggestions for better development.

In the agricultural area of Nepal, there are a lot of residents who can not receive enough education, because of poverty.
They are bounded by the traditions and superstitions of the past and such a circumstance harmfully influenced them significantly to develop the rural agricultural area. I think education is essential for rural development and aquiring knowledge by the education would be a way of getting out from poverty.

Domestic and International NGOs have been operating at villages and the village people themselves belong to some sort of NGOs.

In my research, I examined the participating situation of residents and conducted the interview of current educational circumstances. 

The residents formed a "social network" including NGOs and they pointed out the current network situations and issues to be solved in the future.

I suggested that education should be also conducted effectively by utilizing the "social network".

In regards to lectures related to my research theme, I took the lectures in relation to  "social network" or 'development'.

 

At a slum community in Thailand

 

Conducting the interview in Nepal

Q.What kinds of scholarships did you receive?

In 2014, I received a scholarship of Toyo University Graduate Scholarship.

I was also selected as a Japanese Government Scholarship Student from October 2014 to March 2015, as Toyo University was selected  for the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) 's "Top Global University Project" over next 10 years. This scholarship is open to graduate international students who are privately funded and studying at Toyo University.

Q.How do you make ends meet?

For tuition and living expenses, my family transfered the funds from my country. I also had a part-time job at a bakery when school was off.

Since I was selected as a Japanese Government Scholarship Student, I have supported all expenses by the scholarship funds.

Q.What do you plan to do after you complete your degree?

From April 2015, I am going to continue my study at PhD program of Regional Development Studies at Toyo University Graduate School.  After three years when I will be completing my PhD program, I am going back to Nepal and want to work for people in Nepal as a social worker at NGO and so on.

Q.What messages do you have for students who are aiming to study at Toyo University?

Toyo University which has Regional Development Studies, is a great university.
It has a good environment for research and provides good equipment.

Professors are very kind, so I can do my reseach as I wish.

故郷ネパールの地方教育水準向上に貢献したい

 

タパ サキーラ(THAPA SAKHILA)さん

ネパール連邦民主共和国 ルパンデヒ市出身。

トリブバン大学、ルバンデヒキャンパス(ネパール)を卒業後、ネパール教育省で5年間勤務。

学校教員のコンピュータートレイナー職などを経て2013年に来日。

沖縄で日本語を2年間勉強後、東洋大学大学院 国際地域学研究科国際地域学専攻 博士前期課程入学。

2015年4月より、国際地域学専攻 博士後期課程に進学予定。

 

Q.母国のことを教えてください

ネパールはインド・中国のチベットに隣接している国です。

北はエベレスト山がそびえ立つヒマラヤがあり、観光産業がとても盛んです。

また仏教を創始した「仏陀」の誕生した国とも言われています。

約100民族・100言語があり共通語はNepali(ネパール語)です。国土は横長で東西では言語も食べ物も違います。

私は、母国の大学の教育学部で3年勉強した後に就職しました。

その仕事も教育に関係ある仕事で色々と学ぶことが出来ました。特に地方教育に興味があります。

Q.日本へ進学しようと思った動機は?

日本はアジアの中では先進国と言われていて、日本のテクノロジーは人気があります。

日本の教育について調べてみると、識字率は90%以上であり、研究するのによい環境だと考えたためです。

Q.数ある大学の中で東洋大学を選んだ理由は?

大学院を探していた時に、インターネットから色々な学部または研究科を調べて、
国際地域学専攻もあることから東洋大学は気になる学校でした。

2011年の進学相談会に参加し、教授と話をすることで、自分の望む研究ができると考え、東洋大学を選びました。

Q.大学院での学びを通して得たものを教えてください。

大学院の勉強は授業だけではなく、研究またはPractical Base(実用的)なので
自分の研究テーマについて、実際のケースが把握でき、色々なことを学べます。

 

Q.研究テーマと講義の内容を教えてください

研究テーマは「ネパール農村地域における教育開発に対するソーシャルネットワークの役割」です。
「社会ネットワーク」を活用したネパールの「ある村の農村開発」について論じ、よりよい開発に向けての提案を行っています。

ネパールの農村部では、貧困から十分な教育を受けられない住民が多く見られます。
彼らは従来からの伝統や迷信に縛られており、そのような状況が農村部の開発に多大な悪影響を及ぼしています。
教育は地域開発にとって必須であり、教育によって彼らは知識を身につけて、ひいては貧困から脱出する方法であると考えています。

村々には国内外のNGOがいくつか活動をしており、村人自身も何らかのNGOに所属しています。

私の研究では住民のNGOへの参加状況の調査、教育の実態についてインタビューを行いました。

住民はNGOも交えた「社会ネットワーク」を構成しており、それらのネットワークの状況と今後の課題を示しました。

教育についても「社会ネットワーク」を通じてより効果的に行うことができることを提案しています。

研究テーマに関連した授業については、「社会ネットワーク」または開発に関係のある講義を受けました。

 

タイのスラムコミュニティのほこらにて

 

ネパールでのヒアリング風景

Q.どんな奨学金を利用しましたか?

2014年度に東洋大学大学院奨学金に採用されました。

また、2014年の10月~2015年3月まで文部科学省の国費留学生奨学金(SGU枠)に採用されました。

Q.お金のやりくり方法を教えてください。

授業料や生活費は家族から送ってもらったり、学校が休みの日はパン屋さんでアルバイトしたりしました。
国費留学生に採用されてからは奨学金でまかなっています。

Q.修了後の予定は?

2015年4月より、国際地域学専攻 博士後期課程に進学予定です。3年後、博士後期課程修了後は
故郷ネパールに戻り、NGOなどでソーシャルワーカーとしてネパールの人々のために働きたいと思っています。

Q.東洋大学を目指す受験生に向けてメッセージをお願いします

国際地域学専攻のある東洋大学は良い学校です。
研究のために良い環境、設備の整っている学校です。
先生達も非常にやさしく、自分の望んでいた研究がしっかりとできています。