MENUCLOSE

先輩からのメッセージ(葉 青さん)

経済学専攻 博士前期課程在校生 葉 青さん

※掲載されている内容は2018年10月現在のものです。

葉 青さん

Q.進学しようと思った動機・経緯は?

大学時代に経済学を学んでいたので、さらに深く理解するために大学院に進学しようと思いました。

Q.なぜこの大学・大学院を選んだのですか?

本大学には自分の研究課題に精通している先生がいらっしゃったからです。また、以前に東洋大のオープンキャンパスを訪れた際、先生方が熱心で大変親切に対応してくださったこともあり、東洋大学に進学を決めました。

Q.大学・大学院で学んでみて気づいたこと・発見したことは?

自分が学部時代に得た知識だけではまだまだ不十分だと思いました。そこで、ほぼ毎日大学院の研究室にこもって勉強するようになりました。それから、大学院と学部の研究の仕方が異なることを感じました。大学では受講した知識を理解できれば良いと思っていましたが、大学院ではただ勉強するだけでは足りず、自分自身で問題を解決する方法を模索する力と物事の因果関係を結びつける能力が求められると痛感しました。

Q.大学院の魅力を教えてください。

2人の教授の下で研究する制度がとてもよかったと思います。これは、学生にとって相対的に豊富な教育資源が得られることになるのでとても良いと思います。また、新しい統計ソフトが学校のパソコンに搭載されていて施設も充実しています。東洋大学4つのゼミナールハウスなど、福利厚生も良いです。学食もとても便利で良いです。

Q.現在の研究テーマについて教えてください。

研究テーマは『中国中西部の産業発展による労働移動への影響に関する分析――貴州省を対象に――』、主に2010年以降中国内陸部から東部沿岸部に移動する労働力が減速していることについての分析です。 自分の研究を完成するために、開発経済学と中国経済論、計量経済学を履修しました。

Q.大学院生活の中で辛かったことを教えてください。

日本語を使って論文の報告をするのは困難でした。日本で中国の資料を探すことは難しく、統計年鑑はまだしも、一番大変だったのは中国の大学間が独自に行ったアンケートの個票データを集めることでした。

Q.指導を受けた教員とのエピソードを教えてください。

修士1年の時、研究の方向性がまだ決まっていなかったとき、2人の指導教員から開発経済学と国際貿易の視点からアドバイスを頂いたことが、その後の指標になりました。

Q.将来への展望、大学院での学びを通して、今後目指したい姿や将来進みたい道などありましたら、教えてください。

将来は、大学の教員を目指しています。知識を他人に引き継いでいくことは自分の目標です。

Q.1週間 のスケジュールは?

 
月曜日 12:00~20:00 在学
火曜日 10:00~19:00 在学
水曜日
木曜日 12:00~20:00 在学
金曜日 10:00~19:00 在学
土曜日 12:00~20:00 在学
日曜日

Q.東洋大学大学院を目指そうとする受験生にむけて一言メッセージをお願いします。

人生は己を知り、他人を知り、世界を知るという3つで成り立っていると思います。己の目標を達成するには、努力を惜しまず励みましょう。


プロフィール

葉 青さん

母国である中国の大学卒業後、経済学を学びたいと考え、さらに、日本語に興味があり来日。日本語学校を経て、東洋大学大学院経済学研究科経済専攻に入学。