MENUCLOSE

社会福祉学科教員紹介(戸井 宏紀)

氏名
戸井 宏紀
Hiroki Toi

准教授

専攻領域

  • 司法ソーシャルワーク

研究テーマ

  • 刑事司法システムと精神障害・薬物使用障害者の社会復帰支援
  • 地域社会におけるアルコール関連問題
  • ソーシャルワークの価値と役割葛藤

論文

  •  パブリックディフェンダーシステムにおけるソーシャルワーク実践 ライフデザイン学研究 15 167-181 (単著)2020
  •  アメリカにおける司法ソーシャルワークと出所者の社会復帰支援の動向 社会福祉研究 (136) 94-100 (単著)2019
  •  Lobbying and policy analysis: Policy practice models in macro practice. ライフデザイン学研究 14 121-138 (単著)2019
  • アメリカの矯正精神医療システムにおけるソーシャルワーク実践 早稲田大学社会安全政策研究所紀要 10 123-13 (単著)2019
  • 社会福祉の立場から見た判決前調査 ― 米国との比較から 須藤明・岡本吉生・村尾泰弘・丸山泰弘(編)『刑事裁判における人間行動科学の寄与 ― 情状鑑定と判決前調査』 222-240 (単著)2018
  • Toi, H. (2015). Professional values and conflict among social workers in prisons: An examination of role stress, strain, and job satisfaction in working with inmates with mental illness and/or substance use disorders. University of Connecticut. (学位論文)
  • Toi, H., & Mogro-Wilson, C. (2015). Discharge planning for offenders with co-occurring disorders: The role of collaboration, medication and staff. Journal of Offender Rehabilitation, 54(1), 1-18. (共著)
  • Mogro-Wilson, C., Letendre, J., Toi, H., & Bryan, J. (2015). Utilizing mutual aid in reducing adolescent substance use and developing group engagement. Research on Social Work Practice, 25(1), 129-138. (共著)
  • Toi, H. (2012). Initial development of the function scale for alcohol problems: An exploratory factor analysis using a community-based social work sample. Proceedings of the 21st Asia-Pacific Social Work Conference (pp. 120-128). Tokyo, Japan. (単著)

所属学会

  • SST普及協会
  • 日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会
  • National Organization of Forensic Social Work
  • National Association of Social Workers
  • Society for Social Work and Research
  • 日本更生保護学会
  • International Association of Forensic Mental Health Services
  • 日本司法福祉学会
  • 日本犯罪心理学会
  • 日本精神保健福祉士協会
  • 日本社会福祉士会 

学生の皆さんへ

社会福祉協議会勤務を経て、医療刑務所、医療観察法病棟、東京地方検察庁と、主に司法・福祉・医療の交差する領域で社会福祉士、精神保健福祉士として働いてきました。その間、ソーシャルワークの歴史と理論を更に学びたいという思いと、実践研究のため約5年半、米国で学生生活を送りました。
社会福祉学科では、人びとが地域社会における困難な課題に向き合う中で、よりよい生活と環境をどのように創造し、支えあうことができるか、学生の皆さんとともに考え、教育・研究活動に取り組みたいと思います。