社会学科教員紹介(須田 木綿子)

氏名
須田 木綿子
Yuko Suda

教授

研究室

白山校舎 : 20622室(2号館6階)

専門領域・研究テーマ

専門は社会老年学、対人サービス領域の非営利活動・組織論

主な著書・論文

  • 須田木綿子・平岡公一・森川美絵編(2018) 『東アジアの高齢者ケア』 東信堂
  • 須田木綿子(2017) 「民間サービス供給組織の広域化と地方自治体の役割」社会政策, 9(2):101-112.
  • Yuko Suda(2016) Japan’s proposition of civil society and the Japan Welfare Sociology Association. Messages to the World, VIII ISA World Congress of Sociology,July 13-195, Yokohama, Japan. The Japan Welfare Sociology Association (Ed.) A Challenge of Japan’s Welfare Society.
  • 須田木綿子(2015)「『ポスト福祉国家』時代の介護制度とサービス事業者」 生活福祉研究, No.89: 4-16.
  • Yuko Suda(2014) “Changing relationships between nonprofit and for-profit human service organizations under the long-term care system in Japan.” Voluntas 25:1235-1261
  • 平岡公一・武川正吾・山田昌弘・黒田浩一郎監修/須田木綿子・鎮目真人・西野理子・樫田美雄編(2013) 『研究道』 東信堂
  • 須田木綿子(2013) 「市民社会のグローバル化:同型化と多様性のせめぎあい」 副田義也編『シリーズ福祉社会学2 闘争性の福祉社会学:ドラマトゥルギーとして』 東京大学出版会:47-66.
  • 須田木綿子(2013) 「営利―非営利サービス供給組織の差異の縮小と社会福祉法人の存在意義」 ソーシャルワーク研究Vol.53, No.1: 157-166.
  • 須田木綿子(2011) 『対人サービスの民営化:行政-営利-非営利の境界線』 東信堂 (日本NPO学会賞、福祉社会学会賞)
  • Yuko Suda and Barong Guo (2011) Dynamics between Nonprofit and For-profit Providers Operating under the Long-Term Care Insurance System in Japan. Nonprofit and Voluntary Sector Quarterly, 49(19):79-106.
  • Yuko Suda (2011) For-profit and nonprofit dynamics and providers’ failures: The Long-Term Care Insurance System in Japan. Public Management Review, 13(1):21-42.
  • Yuko Suda (2011) Depressive symptoms among and care problems for seniors in Japan. International Medical Journal, Vol.17, Supplement No.1:19-26. 
  • 須田木綿子(2010) 「対抗的公共圏と高齢者をめぐる福祉的課題」 社会福祉学, 51(2): 116-119.
    日米LTCI研究会編、高橋龍太郎・須田木綿子編集代表(2010) 『在宅介護における高齢者と家族:都市と地方の比較調査分析』 ミネルヴァ書房
  • 須田木綿子(2010) 「フィランスロピーの研究動向の整理と文献紹介(1)アメリカ:転換期にある民間主導のフィランスロピー」 大原社会問題研究所雑誌, 626: 20-27.
  • Yuko Suda(2006) Devolution and Privatization Proceed and Centralized System Maintained: A Twisted Reality Faced by Japanese Nonprofit Organizations. Nonprofit and Voluntary Sector Quarterly, Vol.35,No.3: 430-452.