MENUCLOSE

学部代表者メッセージ

国際観光学部長 中挾 知延子

 

1.人材の養成に関する目的
国際観光学部は、国際的な視野から観光を論理的思考により捉え、円滑な観光交流を促進するために当事者意識を持って主体的かつ積極的に対応することができ、地域活性化に貢献したり、観光関連企業や組織をマネジメントしたりすることができる人材を養成します。

 

 2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

建学の理念である哲学をはじめとして、文化、宗教観等の幅広い知識・教養を基盤に、観光学に関する基本から応用までの理論を修得させると同時に、英語をはじめとした外国語の学修により国際的なコミュニケーション能力を身につけたうえで、内外の最前線においての実習・体験などを通して実務を学ぶことにより、観光の社会的責任を正しく認識し、世界を舞台に活躍できる優れた人材を育成することを教育目標としています。

最近の観光業界では、「タビマエ・タビナカ・タビアト」といった旅行へ行く前、行った所で、行った後という3つの場面で語られることが多くあります。どの場面においても、最大限のサービスをお客様に提供するマネジメントをする人材が必要とされています。国際観光学部では、そのような人材を育成するために、旅行産業・経営・マーケティング・ホスピタリティマネジメントをはじめ多彩な科目を取り揃えています。そして、観光を通じて地域活性化に貢献できる人材を育てるための観光政策・まちづくり・環境分野の科目も豊富に用意しています。加えて、国際社会の場で活躍できるように、語学や文化について学べる科目も充実させています。観光学はとても多彩な学問です。学生の皆さんにはさまざまな学修を通して、観光のプロフェッショナルになってほしいと願っています。

 

観光は、形は変われども、古代から人間と切っても切り離せない存在です。世界中の多くの神話にも旅人が必ず登場します。神話の中でしばしば語られるのは、天空にいる神々が旅人の姿になって地上に降り立ち、その地の住民がどのように旅人をもてなすのかを試すというものです。旅人は貧しい身なりをして寝る所や食べ物を住民に求めます。神々が住民の心の温かさを探り、素晴らしい民かどうか見るという具合です。観光に携わる皆さんは一人一人が、別の場所から来た人々にどのようなサービスを提供し、そしてそれらがいかに素晴らしいものであるのか試されているといってもいいでしょう。折しも人類はウィズコロナ・ポストコロナの時代に生きることになりましたが、どんな時代であっても観光は進化をしながらいつも身近な存在であり、皆さんにはあらゆる観光の場でマネジメントのトップランナーになってほしいと思います。

 

そして今、持続可能な観光、サステイナブル・ツーリズムの重要性が叫ばれています。訪れた地域の環境や文化を尊重しながら、観光客も責任を持って行動することが必要です。サステイナブルな観光のために、マネジメントする私たちがどのようなことができるのか、どのようにしなければならないのかについて、学部での教育を通じて皆さんと議論できるのを楽しみにしております。