1. 東洋大学TOP
  2. 教育
  3. 学部・学科
  4. 総合情報学部
  5. 心理・スポーツ情報コース ニュース
  6. 教育・研究の取組を動画で紹介(心理・スポーツ情報コース)

教育・研究の取組を動画で紹介(心理・スポーツ情報コース)

情報処理を活用したスポーツ科学

心理・スポーツ情報コースではスポーツやトレーニングに関する身体的効果を知るために、実際に身体を動かしながらトレーニングに関連する知識を習得する授業などがあります。これらの授業では、正しいトレーニングを行う上で覚えておくべき身体運動のメカニズムや、運動が行われる際の生体内での生理的活動について学ぶことができます。また、ストレングストレーニングに関する国際資格(NSCA)に準じた授業やスポーツのトレーニング方法を知りたい学生、将来スポーツに関連する職業や活動に従事したい学生を対象とした資格に関する講習会を実施しています。これらのスポーツに関連する知識を習得するための授業や講習会を通じて、情報処理のツールをスポーツ分野に応用する試みを続けています。

日本語版

 

English version


公認心理師が用いる心理療法

心理・スポーツ情報コースでは、公認心理師の資格を取得するためのカリキュラムが組まれています。カリキュラムは、講義を通して、公認心理師になるために必要な心理学全般に関する知識、心理療法や心理検査の技術などの習得をめざしたものとなっています。さらに、演習や学外での実務実習などを通して、実際に資格を取得し、現場に出たときに必要となる臨床マナーや公認心理師としての職業的責任および倫理について体験的に学べるように学生へのサポートを行っています。また、卒業後の公認心理師資格試験に備え、授業以外でも、資格取得のための勉強会を毎週開催しています。動画内では、公認心理師が実際に用いる心理療法の一つである芸術療法についての紹介を行っています。

日本語版

English version


ヨーガが心身にもたらす効果の検証

心理・スポーツ情報コースにおける研究テーマのひとつとして、ヨーガに焦点を当てた研究が挙げられます。心と身体の両面に効果をもたらす身体活動として、ヨーガをセラピーやメンタルトレーニングに活用するため、心理学、スポーツ科学、情報科学など多角的な視点からの研究と実践を行っています。この動画では、アスリートに対するメンタルトレーニングの実践とヨーガがもたらす効果などについての紹介をしています。このように心理・スポーツ情報コースでは、ヨーガをはじめとしたさまざまな身体活動やスポーツ活動を研究テーマとし、客観的なデータ解析を用いて、より科学的な研究成果の創出をめざしています。

日本語版

English version

中文版