MENUCLOSE

国際経済学科 卒業生からのメッセージ2

卒業生からのメッセージ

論理立てて物事を進めることの大切さ(岸田奈都美,2013年度卒,ANAエアポートサービス)

 

◆現在どのようなお仕事をされていますか?

2013年に入社以来、羽田空港にてANA国際線業務を担当しております。業務内容は多岐にわたり、普段皆さまが空港でよく目にされる搭乗手続きやゲートでの出発業務に加え、オフィス業務も幅広く行います。国際線業務の特徴としては、国を跨いでの人と物の移動となる為、CIQへの申請を行ったり、お客様の渡航書類の確認など、英語での対応が非常に多いです。

◆在学中の勉強や活動のなかでキャリア形成やお仕事で役立っている点はありますか?

特に、佐野先生の農業経済学のゼミで学んだ事は現在の私の業務プロセスに非常に活かされていると感じています。具体的には、何事も目的意識を持って取り組むという点です。ゼミでは毎年夏休みに合宿を行ない、フィールドワークを実施し、論文を作成していました。その他にも卒業論文製作にあたり、研究テーマを決め、何を明らかにする為に研究を行なうのか、その為にはどんな分析や調査が必要なのかを常に考える必要がありました。論文作成は非常に時間も労力も必要な作業でしたが、作成を通して、論理立てて物事を進める力がついたように思います。またその力をつける為に、時には厳しいご指導もして頂きました。ゼミでの課題や作業は楽なものではありませんでしたが、社会人になって活かすことの出来る力を身に付け、またこの力を養ってくださった恩師に出会い、先生の下で勉強が出来、東洋大学に入学してよかったと実感しています。

◆受験生へのメッセージをお願いします

大学は良くも悪くも自由な時間を過ごすことの出来る場所です。目的を持って入学すれば、その思いに応えて下さる先生方や環境が東洋大学には整っていると思います。東洋大学での4年間を振り返ってみると、ゼミの仲間と夜中まで課題やテスト勉強をしたり時には先生から厳しい指導を受けたりと、非常に充実しており、大切な仲間と恩師に出会うことの出来た貴重な4年間でした。