経済学科教員紹介(濱田 高彰)

氏名
濱田 高彰
Takaaki Hamada

助教(経済学科)

専攻・専門分野・学位

ゲーム理論、行動経済学、実験経済学
修士(経済学)

著書・論文

著書
 「顕示的消費と競争回避財の役割」(2021) 三菱経済研究所
論文
   "Endogenous Timing in Tax Competition: The Effect of Asymmetric Information" (2020), RIEB, DP2020-22.
      "Risks on Others" (2020), RIEB, DP2020-23 (with Tomohiro Hara).

自己紹介

経済主体が自身の持つ情報(私的情報)を相手に漏らさないようにする動機に興味を持っており、その手段や社会厚生への影響について、理論的な研究を行なっています。また他には、人々の利他的行動に関する理論や実験研究も行なっています。皆さんと共に学び、今後も様々なことにチャレンジしたいと考えています。
 

研究室・オフィスアワー

経済学部共同研究室(2号館10階)
水曜日12時 〜14時