東洋大学略年表

1887年(明治20年) 井上円了が東京府本郷区龍岡町の麟祥院内に私立哲学館(東洋大学の前身)を創立する
1897年(明治30年) 2度の校舎被災を経て、小石川区原町に新校舎を再建する(現在の白山キャンパス)
1903年(明治36年) 私立哲学館大学と改称する
1904年(明治37年) 哲学堂(現在の東京都中野区哲学堂公園)が落成 <昭和19年東京都へ寄附>
1906年(明治39年) 私立東洋大学と改称する <「白山の哲学」と称される>
1916年(大正5年) 女子の入学を許可する <男女共学の先駆となる>
1919年(大正8年) 創立者井上円了、大連(中国)にて客死する
1920年(大正9年) 私立東洋大学を「東洋大学」に改称する
1924年(大正13年) 東洋大学校歌を制定
1928年(昭和3年) 大学令による東洋大学の設置が認可され、文学部を創設
1937年(昭和12年) 創立50周年記念式典を挙行
1949年(昭和24年) 新制大学に移行し、文学部を設置
1950年(昭和25年) 経済学部、短期大学部を設置
1951年(昭和26年) 財団法人東洋大学から学校法人東洋大学へ組織変更する
文経学部(第2部)を設置
1952年(昭和27年) 法経学部(第2部)、大学院文学研究科を設置
文経学部(第2部)を発展的に解消
1956年(昭和31年) 法学部を設置
1957年(昭和32年) 法経学部(第2部)を発展的に解消
1959年(昭和34年) 社会学部、大学院社会学研究科を設置
1961年(昭和36年) 川越キャンパス(埼玉県川越市)を開設し、工学部を設置
1963年(昭和38年) 附属南部高等学校(青森県南部町)、附属姫路高等学校(兵庫県姫路市)を開設 <附属南部高校は1977年閉校>
1964年(昭和39年) 通信教育部、大学院法学研究科を設置
附属牛久高等学校(茨城県牛久市)を開設
1966年(昭和41年) 経営学部を設置
1967年(昭和42年) 創立80周年記念式典を挙行
1972年(昭和47年) 大学院経営学研究科を設置
1976年(昭和51年) 大学院経済学研究科を設置
1977年(昭和52年) 朝霞キャンパス(埼玉県朝霞市)を開設
文系5(文、経済、経営、法、社会)学部の1・2年次教育をスタート
1987年(昭和62年) 創立100周年記念式典を挙行
1990年(平成2年) 井上円了記念学術センターを設置、白山キャンパス再開発スタート
1992年(平成4年) 白山キャンパス1号館が完成
1994年(平成6年) 工学部で10月入学制度を導入、白山キャンパス2・3号館が完成
1995年(平成7年) 東洋大学ブランドマーク(ロゴタイプ・コミュニケーションマーク)とスクールカラーを制定
1996年(平成8年) バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターを設置
1997年(平成9年) 板倉キャンパス(群馬県板倉町)を開設し、国際地域学部・生命科学部を設置
1998年(平成10年) 通信衛星利用の遠隔授業システム「スペース・コラボレーション・システム」並びに情報ネットワークシステム「ToyoNet」を導入
2000年(平成12年) 井上円了の足跡を継承した「全国講師派遣事業」をスタート
2001年(平成13年) 白山キャンパス4号館、板倉キャンパス3号館が完成
経営学部商学科をマーケティング学科に改称
法学部学経営法学科を企業法学科に改称
国際地域学研究科、生命科学研究科を設置
2002年(平成14年) 白山キャンパス甫水の森、川越キャンパス1号館・図書館が完成
学生サービス「東洋大学Web情報システム」運用開始
短期大学部を発展的に解消
2003年(平成15年) 白山キャンパス井上記念館(5号館)、川越キャンパス2号館が完成
白山キャンパス再開発が完了
2004年(平成16年) 法科大学院(専門職大学院法務研究科法務専攻)を設置
2005年(平成17年) 白山キャンパス6号館が完成
文系5(文、経済、経営、法、社会)学部の白山キャンパスで1年次から4年次一貫教育開始
朝霞キャンパスにライフデザイン学部を設置
井上円了記念博物館が完成
2006年(平成18年) 白山第2キャンパス(東京都文京区)を開設し、法科大学院が移転
大手町サテライト(東京都千代田区・新大手町ビル内)を開設し、経済学研究科公民連携専攻を設置
経営学部会計ファイナンス学科、ライフデザイン学部人間環境デザイン学科を設置
福祉社会デザイン研究科を設置
2007年(平成19年) 学際・融合科学研究科バイオ・ナノサイエンス融合専攻を設置
文学研究科英語コミュニケーション専攻(博士課程)を設置
2008年(平成20年) 文学部第1部教育学科に人間発達専攻・初等教育専攻を設置
経済学部社会経済システム学科を総合政策学科に改称
2009年(平成21年) 「東洋大学5つの改革」のもと、
工学部を再編し理工学部を設置
川越キャンパスに総合情報学部を設置
生命科学部に応用生物科学科、食環境科学科を設置
ライフデザイン学部生活支援学科に生活支援学専攻・子ども支援学専攻を設置
国際地域学部が白山第2キャンパスに移転
福祉社会デザイン研究科に人間環境デザイン専攻を、経済学研究科経済学専攻に環境学研究コースを設置
2010年(平成22年) 国際地域学部国際地域学科を2専攻とし、地域総合専攻(イブニングコース)を設置
経営学研究科にマーケティング専攻(修士課程)、ビジネス・会計ファイナンス専攻(博士後期課程)、ビジネス・会計ファイナンス専攻に中小企業診断士登録養成コースを設置
川越キャンパス7号館、板倉キャンパス5号館(実験棟)が完成
学校法人東洋大学「総合学園計画」を策定
2011年(平成23年) 東洋大学総合スポーツセンター(東京都板橋区)を開設
国際地域学研究科国際観光学専攻に博士後期課程を設置
学際・融合科学研究科バイオ・ナノサイエンス融合専攻博士前期課程を設置
東日本大震災被災地復興支援「東北応援プロジェクト(TOP)」を実施
学校法人京北学園と法人合併し、京北中学校、京北高等学校、京北学園白山高等学校、京北幼稚園を併設校とする
2012年(平成24年) 11月23日に創立125周年記念式典を挙行、「未来宣言」を発表
白山キャンパスに125周年記念館(8号館)、9号館が完成
東洋大学ブランドマークを一新、スクールカラー(鉄紺色)を明確化
2013年(平成25年) 板倉キャンパスに食環境科学部を設置
文学部に東洋思想文化学科を設置
国際地域学部・法科大学院が白山キャンパスに移転 <白山第2キャンパス閉鎖>
入試情報サイト「TOYOWebStyle」を開設し、紙の大学案内・入試要項を廃止
2014年(平成26年) 工学研究科を再編し、理工学研究科を設置
東洋大学附属姫路中学校を開設
井上円了記念学術センターを改組し、井上円了研究センターを設置
文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」に採択され、「TOYO GLOBAL DIAMONDS 構想(TGD 構想)」をスタート
2015年(平成27年) 東洋大学附属牛久中学校を開設
京北中学・高等学校が 東洋大学京北中学高等学校に校名変更し、男女共学附属校として文京区白山(白山第2キャンパス跡地)に移転
2016年(平成28年) 総合情報学研究科、食環境科学研究科を設置
学校法人東洋大学ビジョン「Beyond2020」並びに「TOYO SPORTS VISION」を策定
東洋大学男女共学100周年記念事業を展開
2017年(平成29年) 赤羽台キャンパス(東京都北区)を開設し、情報連携学部、情報連携学研究科を設置
文学部英語コミュニケーション学科を改組し、国際文化コミュニケーション学科を設置
国際地域学部を再編し、国際学部、国際観光学部を設置
学年暦にクォーター授業を導入
白山キャンパスに10号館が完成
法科大学院を発展的に解消
2018年(平成30年) 国際地域学研究科を再編し、国際学研究科、国際観光学研究科を設置
福祉社会デザイン研究科を再編し、社会福祉学研究科、ライフデザイン学研究科を設置
2019年(令和元年) 井上円了没後100周年記念事業を展開
2020年(令和2年) 学校法人東洋大学中期計画「TOYO GRAND DESIGN 2020-2024」を策定
東洋大学「教育DX推進基本計画」を策定
2021年(令和3年) 赤羽台キャンパスに「WELLB HUB-2」が完成し、ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究科が赤羽台キャンパスに移転
社会学部社会文化システム学科を改組し、国際社会学科を設置
文部科学省「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」に採択
「学校法人東洋大学 SDGs 行動憲章」を制定
朝霞キャンパス再開発スタート
2022年(令和4年) 赤羽台キャンパス内に国際交流宿舎「AI-House HUB-4」を開設

関連情報