MENUCLOSE

内規(川越キャンパス同窓連絡協議会)

東洋大学川越キャンパス同窓連絡協議会内規

 

平成28年4月1日

施行

2019年9月14日

改正

 

(目的)

第1条 川越キャンパス全教職員が卒業生と共に同窓の絆を築き、同窓会と協働して在学生のキャリア形成、就職活動などの支援を行い、在学生のレベルアップと大学の発展に寄与すると共に、卒業生の親睦の和を広げることを目的とするために、東洋大学川越キャンパス同窓連絡協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(事業)

第2条 協議会は、前条の目的を達成するため、次の各号の事業を行う。

(1) 卒業生・在学生・教職員の交流・親睦に関する事業

(2) 卒業生から在学生への就職情報提供、キャリアアップ等の講座の支援

(3) 卒業生及び在学生の優れた学術研究、産業界、社会への功績に対しての表彰

(4) 産官学連携活動の支援

(5) 卒業生及び学科同窓会への支援

(6) 会員名簿の管理・保護

(7) パンフレットの作成、ホームページの更新等の広報

(8) その他必要と認める事業

(同窓会室)

第3条 協議会に同窓会室を設置する。

2 同窓会室は、次の各号の役割を担う。

(1)前条第5号、第6号、第7号に関わる業務

(2)前条第1号、第2号、第3号、第4号、第8号の事業に関わる窓口及び調整

3 同窓会室の管理は、川越事務部総務課が行う。

(協議会)

第4条 協議会は、次の各号の委員をもって構成する。

(1) 理工学部長

(2) 総合情報学部長

(3) 各学科教員委員

(4) 各学科同窓会長

(5) 川越事務部長

 

 

 

 

(会長)

第5条 協議会に会長を置く。

2 会長の選出は、理工学部長と総合情報学部長の互選による。会長に選出されなかった学部長は副会長として会長を補佐する。

3 会長は、協議会を代表し、会務を総括する。

4 会長に事故あるときは、副会長がその職務を代行する。

5 副会長に事故あるときは、あらかじめ会長が指名した委員がその職務を代行する。

(監査)

第6条 協議会の業務監査を川越事務部長が行う。

(委員の任期)

第7条 第4条第3号委員の任期は1年とし、それ以外の各号委員の任期は当該職務在任中とする。

ただし、再任を妨げない。

(運営資金)

第8条 大学から出資する資金は協議会の運営に必要なもののみとし、それ以外の事業運営に関わる費用については、各学科同窓会で賄うこととする。

(運用事務)

第9条 協議会に関する事務は、川越事務部総務課が行う。

(内規の変更)

10条 この内規の改正は、協議会の承認を得て、会長が行う。

 

付則

この内規は、平成28年4月1日から施行する。

 

付則

この内規は、2019年9月14日から施行する。