2019年度

本制度の趣旨は、本学の学生ボランティア活動等社会貢献活動の充実に寄与するために、その努力に報いその活動成果を今後の学習活動に活かすことを奨励し、社会に貢献する人材育成を支援するものです。今年度は次の5団体が採択となり、表彰されました。

●読み聞かせ朗読会
文京区本郷「まちぷら」では0~1歳児親子を対象に、板橋区立富士見台小学校では小学校低学年から中学年を対象におはなし会を開催。絵本や紙芝居などを読み聞かせ、パネルシアターと手遊びを用いた参加型のおはなし会。来年以降も毎月開催の予定である。
報告書(PDF)
yomikikase01

GoodNeeds(グーニーズ)
小学校程度の子供たちと毎月一回、一緒に山登りやデイキャンプなどのアウトドア活動をしている。二大目玉企画として、夏には二泊三日のキャンプ、冬にはスキー・スノーボードなどの雪合宿を行う。子供の成長はもちろん、学生も一緒に成長できる居場所づくりを心がけている。
報告書(PDF)
good

●国際ボランティアサークルsalamat
国際ボランティアサークルsalamatは、フィリピン・セブ島にあるコミュニティにデイケアセンター(幼稚園)を2018年夏から建設中である。今回の活動では、前回の活動に引き続いてセメント作業、ブロック積みなどの建設作業を住民達と協力しながら全て手作業で行った。デイケアセンターの完成・運行開始は来年を目標としている。
報告書(PDF)
salamat

●福島県いわき市の活性化を考える会
本活動では、福島県いわき市で行われ、歴史ある伝統的な祭礼の大國魂神社例大祭、並びに平下高久八剱神社例大祭に参加・行事の運営補助にあたり、地域の方々の交流を深めつつ、地域における祭礼の意義について考えを深める活動を行った。
報告書(PDF)
iwaki

●国際地域能登太鼓チーム
石川県能登半島の人々が地域に誇りを持ち地域を創造する事をビジョンに掲げ、地域資源の再評価をミッションとして活動する。「能登の太鼓」を地域資源とし、地元太鼓団体を東洋大学白山祭に誘致しコラボ演奏を披露した。地域との交流・再評価を通して地域の人々に変化与え、学生・大人・子ども達全員で作り上げた。
報告書(PDF)
noto