(実施)秋期 B1 アイドル・ビジネスの現状と将来像

(実施)秋期 B1 アイドル・ビジネスの現状と将来像

講師

安藤 和宏 (東洋大学法学部教授)
加藤 邦明 (株式会社オフィス・トゥー・ワン/ 元 株式会社AKS ライセンス開発部 部長)
原  一博 (株式会社ゼスト制作事業本部ライツグループ)
丸谷 マナブ (作詞・作曲家/音楽プロデューサー/ ソニー・ミュージックパブリッシング所属)

日程

2020年11月21日(土)
13:00~18:00(300分)

会場

東洋大学白山キャンパス 125記念ホール

受講料

一 般 :¥4,950(対面:全3回分)
東洋大学生:¥1,650(対面:全3回分)
※Web講座へ切り替わる場合 ¥1,650(web:全3回分)

定員

60名

【講座目標】

アイドル・ビジネスの現状と課題を学び、音楽ビジネスに関する知識を習得すると共に、アイドル・ビジネスが抱えている課題や将来性について理解します。

【講座趣旨】

 本講座では、AKB48やSKE48といった人気アイドルを手がけている現場の経験豊かなスタッフやクリエイター、プロデューサー3名が講師として、アイドル・ビジネスの現状を詳細に分析し、音楽業界が直面している課題を指摘するとともに、その将来像を語ります。 音楽業界にはさまざまなプレイヤー(関係者)が存在しますが、今回は①プロダクション、②音楽出版社、③クリエイター・プロデューサーの視点から、アイドル・ビジネスを分かりやすく解説します。アイドル・ビジネスの最前線で活躍しているプロフェッショナルが集結して、講座を提供するのは、全国でも初めての試みだと思います。現在、音楽業界で仕事をしているスタッフだけでなく、今後、この業界で働きたいという学生や会社員にとっても、有益な講座にするつもりです。なお、コーディネーターは『よくわかる音楽著作権ビジネス』 の著者であり、本学の専任教員である安藤和宏が務めます。

【講座期間】

 第1回  13:00~14:30

安藤 和宏 音楽業界の現状 (イントロダクション)
加藤 邦明  アイドル・ビジネスの現状と課題
 第2回 14:40~15:40 原 一博 アイドル・ビジネスとタイアップ事情
 第3回 15:50~16:50  丸谷 マナブ 楽曲の制作とプロデュース
17:00~18:00 全員 アイドル・ビジネスの現状と将来像(座談会)

【受講者からの感想】

・この講座に参加することによって、あまり聞きなじみのないことを知り、様々な角度からアイドル・ビジネスに触れることができたと思います。とても楽しかったので、是非次も開催してほしいと思いました。
・普段では絶対に聞くことができない、アイドル・ビジネスの裏側についてのお話を多く聞くことができ、勉強になりました。 
・普段なら聞くことができないお話ばかりで、とても興味深い内容ばかりでした。今回の話を聞くと、音楽の見方が少し変わりました。丸谷さんの作曲のお話がとても印象に残りました。アイドルが好きなので、5時間すごく楽しい時間を過ごせました。

【講座の様子】

b1 aidoru1b1 aidoru2