(実施)秋期 B6 児童文学者・石井桃子の 生涯と作品

(実施)秋期 B6 児童文学者・石井桃子の生涯と作品

講師

竹内 美紀 (東洋大学文学部准教授)
尾崎 真理子 (読売新聞編集委員)

日程

2019年10月29日(火)~12月10日(火)毎週火曜日:全3回
※11月5・19・26日・12月3日を除く
18:15~19:45(90分)

会場

5309教室

受講料

一 般 :¥4,950(全3回分)
東洋大学生:¥1,650(全3回分)

定員

50名

【講座目標】

石井桃子の生涯と代表的な作品について概要の知識を習得し、今後の読書や研究の指針ヒントを獲得する。

【講座趣旨】

 戦後日本児童文学に偉大な足跡を残した石井桃子について、石井の研究者である二名(竹内美紀および尾崎真理子)が連続講義を行います。最初に、竹内美紀から石井桃子の生涯と児童文学者としての仕事と後世への影響などについて話します。次に、尾崎真理子が『幻の朱い実』など石井の創作作品とその時代背景を解説します。最後に、石井桃子の最も重要な仕事である子どもの本の翻訳の特徴について、『クマのプーさん』など代表作品を例に竹内が分析します。3回を通して、多面的な石井の業績と足跡を総合的に見ていく視点を養い、各自が今後石井作品を愛読または研究していくときのヒントとなることを目指します。各回の参考文献は以下の通りです。できれば持参してくただくと理解が深まります。

第1回 『石井桃子 子どもたちに本を読む喜びを』
竹内美紀著、あかね書房
第2回 『ひみつの王国 評伝石井桃子』
尾崎真理子著、新潮文庫
第3回 『石井桃子の翻訳はなぜ子どもをひきつけるのか』
竹内美紀著、ミネルヴァ書房

【講座期間】

第1回 10月29日(火) 竹内 美紀 児童文学者としての石井桃子とその遺産
第2回 11月12日(火) 尾崎 真理子 創作者としての石井桃子とその時代
第3回 12月10日(火) 竹内 美紀 翻訳者としての石井桃子と名訳の秘密

【受講者からの感想】

・石井桃子さんの生涯と作品について、基本的な内容から、掘り下げた内容まで、大変わかりやすく勉強になりました。今後、作品を読み解くにあたり、とても手助けになると思います。また先生のおっしゃっていたことに注目して再度読み直す、読み比べるのも楽しそうだなと思いました。
・石井桃子氏の作品は知っていても石井さんの生涯を知ることによりその背景を感じながら、さらに作品を楽しむ機会をいただきました。石井さんのことを知らなくても石井さんに親しめ、触れることが出来ました。ありがとうございました。
・英語が不得意なのですが、とても分かりやすく楽しく勉強させていただきました。今日の授業に出た本を読み返すのが楽しみです。時間があっという間でした。

【講座の様子】

2019BB6