(実施)秋期 A3 万葉集講座―万葉の歌・生活・文化―

(実施)秋期 A3 万葉集講座―万葉の歌・生活・文化―

 

講師

菊地 義裕(東洋大学文学部教授)

日程

2019年10月16日(水)~11月27日(水)毎週水曜日:全6回※10月23日を除く
13:00~14:30(90分)

会場

6219教室

受講料

一 般:¥9,900(全6回分)
東洋大学生:¥3,300(全6回分)

定員

40名

 【講座目標】

万葉集の代表的な作品を読み味わいながら万葉集および日本の心と文化について理解を深める。

【講座趣旨】

 万葉集は現在に伝わる日本の歌集の中で最も古いものです。そこには7世紀の初めから8世紀の半ばにかけて折に触れて歌われたさまざまな歌が伝わります。それらの歌は万葉の時代の歴史・社会・文化を背景に人びとの生活に根ざして歌われているところに大きな特色があります。その表現と心の形象とは現代に生きる私たちにとっても魅力的なものです。
講座ではテーマに即して万葉集の関係歌を取り上げ、その表現を味わいつつ作品に対する理解を深めます。また、作品の背景を成している歴史・社会・文化に目を向け、作品を時代に位置づけて理解していきます。万葉集への理解を深めるとともに、日本の心と文化を見つめる楽しい講座です。今回は「万葉集にみる吉野」をテーマに、万葉集の世界について理解を深めます。

【講座期間】

第1回 10月16日(水) 柿本人麻呂の吉野讃歌
第2回 10月30日(水) 天武天皇と吉野
第3回 11月 6 日(水) 笠金村の吉野讃歌
第4回 11月13日(水) 大伴旅人の吉野詠
第5回 11月20日(水)   山部赤人の吉野讃歌
 第6回 11月27日(水)  吉野讃歌の終焉―家持の儲作歌

 

【受講者からの感想】

・菊地教授の講座はとても面白いです。研究者としての知識に加え、先生からにじみ出る人間性が加わって、レベルの高い講義をわかりやすく、滑らかでした。午後一番の時間なのに少しも眠くならず、先生の話に引き込まれていきました。豊富な話ばかりでメモを取るのも忙しく、充実した時間でした。次回も是非、お願い致します。
・先生は、研究者としてだけではなく、教育者としての資質を兼備しておられるようで、実に分かりやすく、楽しく受講させていただきました。
・先生のお話はいつも多様で深い趣があって、大変勉強になりますし感動を覚えます。普通の本やネットのサイトにはない体験ができます。本当にありがとうございます。

【講座の様子】

AA3