(実施)春期 A4 「般若心経の世界」

(実施)春期 A4 「般若心経の世界」

講師

渡辺 章悟(東洋大学文学部教授)

日程

2019年5月25日(土)〜6月8日(土) 毎週土曜日:全3回
17:00~18:30(90分)

会場

甫水会館301教室

受講料

一 般 :¥4,860(全3回分)
東洋大学生:¥1,620(全3回分)

定員

15名

 

【講座目標】

『般若心経』を般若経の一つとして位置づけ、その中心思想を実際の経文の一部を読みながら理解し、正しい解釈を目指します。

【講座趣旨】

  般若経は最初に<大乗>を宣言した経典として知られています。その特色と言えば、空と悟りの智慧があげられます。しかし、実際には般若経とは単一の経典ではなく、四十数種の経典群なのです。その内容も成立もさまざまで、それ自体が大乗仏教の多様性を示しています。本講座では、それら般若経典群をスケッチし、幾つかの著名な般若経のエッセンスや、それとは全く異なる驚くべき般若経のすがたを紹介し、未知なる般若経の世界へと誘います。最終回は心経会という『般若心経』を中心とする法会の展開を歴史書から読み解き、その『般若心経』受容の実態を解説します。また、東北地方から広まった絵文字による『般若心経』の信仰について画像を見せながらその種類や絵文字の読み方などを紹介いたします。 

【講座期間】

第1回 5 月25日(土)

大乗仏教のトップランナーとしての般若経をスケッチし、
その中の『般若心経』を解説する。

第2回 6 月1 日(土)

『般若心経』の中心思想として空と真言という柱を取り上げ、
実際の経文を読みながら正しい理解に努める。

第3回 6 月8 日(土)

『般若心経』の信仰について、心経会という法会と絵心経という
二つの側面から解説する。

【受講者の感想】

・面白い講座でした。なかなか難しいですが、大まかながら理解できた気がします。
・ 字の読めない人に対しても各種のお経を広く布教する努力が、山深い南部で行われていたのには驚きました。厳しい状況を生きる人にとって心の救いになったことでしょう。
・ 般若心経を「空」の教理のみならず神呪としての観点からお話いただき、非常に理解を深めることができました。
・ 未知の世界をご紹介いただき、興味深く拝聴しました。

【講座の様子】

 2019A4