MENUCLOSE

OP SDGsと子どもの人権ー平和・開発・人権と子どもの参加ー(ハイブリッド)

OP  SDGsと子どもの人権ー平和・開発・人権と子どもの参加ー 

p

講 師

大谷 美紀子 (弁護士、国連子どもの権利委員)

日 程

 2021年 4 月21日(水)13:00~14:30

会 場

東洋大学白山キャンパス 交通アクセスはこちら

受講料

無料

定 員

新型ウィルス感染防止のため定員を120名程度にさせていただきます。

【講座の到達目標】

 日本初国連子どもの権利委員として活動する大谷美紀子氏を講師に迎え、2030年までにSDGs達成に向け、昨年から始まった「行動の10年」の今、SDGsに子どもの人権の視点を組み込むことの重要性等について講演します。

【講座趣旨】

  1989年に国連で採択された子どもの権利に関する条約は、国連の人権条約として最大の締約国を有しています。日本も、この条約を1994年に批准しました。この条約は、条約を実施するために締約国の義務として行った措置や課題について、5年毎に国連に報告させ、条約によって作られた子どもの権利委員会が、締約国の報告を審議して条約の完全な実施に向け勧告するシステムをもっています。世界中から選挙で選出された18人の専門家委員によって構成されるこの委員会に、2017年に、日本からはじめて大谷委員が就任し、活動しています。今回の講演会は、弁護士でもある大谷美紀子氏を講師に迎え、今もなお世界中の子どもたちが遭遇している貧困・虐待・格差などの子どもの権利侵害に対して、子どもの権利条約と子どもの権利委員会はどのような役割を果たしているのか、特に、2030年までのSDGs達成に向け、昨年から始まった「行動の10年」の中で、SDGsに子どもの人権の視点を組み込むこと、特に、子どもの参加の重要性について考えます。

 

【申込・振込期間】

4月1日(木)~4月14日(水) ※定員になり次第締切