A5 『源氏物語』全巻を読む 「浮舟」「蜻蛉」巻 ~浮舟の失踪~

A5 『源氏物語』全巻を読む 「浮舟」「蜻蛉」巻 ~浮舟の失踪~(ハイブリッド)

※受講にあたっての注意事項は、パンフレットをご確認ください。

講 師

河地 修(東洋大学名誉教授)

日 程

5月16日(月)~ 7月11日(月)
毎週月曜日:18:00 ~ 20:00(120分)

会 場

東洋大学白山キャンパス 交通アクセスはこちら

受講料

一般(対面):¥13,200(全8回分)
一般(Web):¥8,800(全8回分)
本学学生(対面・Web):¥4,400(全8回分)

定 員

(対面)30名
(Web)95名

【講座の到達目標】

『源氏物語』を原文で読み解くことが、楽しくおもしろいと実感できることを目標とします。そして、作者紫式部の静かなるメッセージに耳を傾けます。

【講座趣旨】

「浮舟」巻終盤、薫は匂宮が浮舟のもとに通っているということを知ります。薫からの詰問の手紙に、追い詰められ、苦悩する浮舟は、ついに宇治川へ入水することを決意するのでした。そして、母親への手紙を残して浮舟は失踪、「蜻蛉」巻は、その失踪の翌朝から開始されます。つまり、両巻は連続していることが分かりますが、「蜻蛉」巻は、浮舟失踪というショッキングな出来事を受けて、その後に遺された人々の動静を語るものとも言えるでしょう。それにしても、宇治川に身を投げたとしたならば、もう浮舟の遺骸はなかなか見つけることが難しいでしょう。しかし、その確証はなく、薫は、浮舟のことを「ゆくへも知らず消えし蜻蛉」と独詠するしかありません。今回は、「浮舟」巻を承け「蜻蛉」巻に入ります。テキストは、講師作成の「本文・随訳」プリントを使用し、原文のリズムとその陰影を大切に味わいたいと思います。

【講座スケジュール】

 第1回 5 月16日(月) 浮舟をめぐる貴公子たちの争い
 第2回 5 月23日(月) 浮舟、死を願う
 第3回 5 月30日(月) 浮舟の失踪
 第4回 6 月13日(月) 浮舟の葬送、薫と匂宮は嘆く
 第5回 6 月20日(月) 薫、浮舟の宿世を思う
 第6回 6 月27日(月) 浮舟失踪後の残された人々
 第7回 7 月  4日(月) 浮舟の母の悲しみは深い
 第8回 7 月11日(月) それからの薫

【申込・振込期間】

dtyjt