1. Toyo University TOP 東洋大学TOP
  2. Social Partnership 社会連携
  3. Center for Social Contribution 社会貢献センター
  4. 公開講座
  5. 講座一覧
  6. エクステンション講座B
  7. B2 生と死の哲学 -S.キルケゴールの実存思想の系譜と展望- ※今年度のお申込みは終了いたしました。
MENUCLOSE

B2 生と死の哲学 -S.キルケゴールの実存思想の系譜と展望- ※今年度のお申込みは終了いたしました。

B2 生と死の哲学-S.キルケゴールの実存思想の系譜と展望- ※今年度のお申込みは終了いたしました。

p

講師

中里 巧 (東洋大学文学部教授)
山舘 順 (サレジオ工業高等専門学校准教授)

日程

2019年10月12日(土)~11月16日(土)
毎週土曜日:全5回 ※11月2日を除く
15:00~17:00(120分)

会場

東洋大学白山キャンパス 交通アクセスはこちら

受講料

一   般:¥8,250(全5回分)
東洋大学生:¥2,750(全5回分)

定員

50名

【講座の到達目標】

キルケゴールの実存思想は、近現代に多大な影響を与えると同時に、大きな誤解を受けてきた。本講義において、そうした誤解を解くと同時に、その実存思想の尽きぬ意義を展望する。

【講座趣旨】

中里と山舘は、『生命倫理事典』(大陽出版刊行)の編纂と出版に、10年以上の歳月と労力を注いできた。10年以上におよぶ編纂作業を通して延べ1000人以上の人々がこの編纂事業にかかわり、改訂を繰り返して3冊の事典を出版した。本事典は、日本の生命倫理学領域文献における金字塔であり、アメリカやドイツで刊行されている事典とともに、国際的に代表的な事典である。中里と山舘は、30年以上の高等学校を含む教育現場で教員としての豊富な経験を持ち、様々な学生や生徒と接してきた。生命倫理事典編纂刊行事業や教育現場における経験および研究をとおして、中里と山舘は現代の教育の在り方や社会の展望についても、探求をおこなってきた。本講座においては、キルケゴールの実存思想を媒介にして、生と死の哲学宗教思想について、19世紀後半から20世紀の概括と21世紀の展望をおこなうものである。また、我が国における実存思想の意義についても、同時に触れていく。キルケゴールの実存思想は、キリスト教プロテスタントルター派を背景としているが、その思想の本質は、プロテスタントルター派に留まるものではなく、むしろ、キリスト教正教の伝統や伝承に最も近く、また、古代ギリシアの霊魂不滅思想や北欧北方の土着思想を基層としたものである。

【受講証】

※申込期間終了後、受講料納入者に送付。
当日、ご持参ください。

【申込・振込期間】

※今年度のお申込みは終了いたしました。