1. トップページ >
  2. 「哲学教育」 倫理 授業実践 ”モンテーニュの名答集”

「哲学教育」 倫理 授業実践 ”モンテーニュの名答集”

東洋大学京北高校では、「哲学教育」の実践の一部として高校1年で「倫理」を必修科目としています。「倫理」の授業では、教師が一方的に講義をするのではなく、哲学対話の形式を取り入れ、「『自分』はどこにいる?」「どんなに疑っても絶対に疑いきれないものは?」など、生徒たちが自由に語り合い、自ら探究する姿勢を育むことに取り組んでいます。そのため定期考査も、空欄補充・一問一答、正誤選択などの問題だけではなく、全体の約6割を論述形式で出題しています。

12月に行われた後期中間考査の論述問題の一部ですが、生徒たちの解答には、その視点の鋭さやユニークさという面で、思わず大人も唸ってしまうような「名答」がたくさんありました。「哲学する」生徒たちの姿の一端をご覧いただければと思います。

【ウェブブック形式】

【PDF形式】

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.