1. トップページ >
  2. フィリピン セブ島 英語研修日誌

フィリピン セブ島 英語研修日誌

【1日目】

ついにセブ島英語研修が始まりました。

こちらセブ島の気温は夜なのに29度もあって、暑いです。外国に来たんだなあということを、文字通り肌で感じでいます。

行程は予定通りです。生徒たちはみんな元気そうです。

【2日目】

今日からレッスンが始まります。

レッスンや館内施設に関するオリエンテーションの後、担当の先生方が生徒達を迎えに来てくれました。

施設内をぐるりと巡って、各教室に向かって行きました。

英語がすぐ話せた生徒もいれば、”Yes”と”No”しか言えなかったという生徒もいましたが、

「楽しかった!」という生徒が多かったです。

 

【3日目】

3日目に入りました。生徒の士気は依然衰えず、みんな元気にレッスンを受けています。1日英語漬けのレッスンを受けてさ

すがに疲れるのか、10時の就寝時間に見回りに行くと、幾つかの部屋ではもう明かりを消して寝ていました。

休み時間には体を動かしてリフレッシュすることもできます。

夜は宿題に取り組みます。

ここでの1日は高い濃度で流れていきます。

 セブ1  セブ2

  

【4日目】

今日は気温が高いです!こちらのスタッフの方に聞くと、これがいつも通りで昨日までは涼しかったとのこと。さすが熱帯

フィリピン!

さて、今日は午前の班と午後の班に分かれて孤児院を訪問しました。カトリック教会を母体とした施設です。

生徒たちは一人一人英語で自己紹介を行いました。施設の子供たちは歌と踊りで歓迎してくれました。その後、生徒たちと

子供たちが一緒にゲームをして楽しみました。

子供たちはすぐになついてくれて、生徒たちはみな優しい気持ちになれたようです。お互いに境遇や立場が全然違っても、

同じ人間同士は心を通わせることができるのだと実感することができました。

 

セブ3

 【5日目】

今日は終日レッスンの日です。

生徒たちに英語の上達具合を聞いてみると、どの生徒も自分の英語力が伸びていることを実感していると言います。教室

の外でもこちらのスタッフの方に堂々と英語で話しかけている姿を見かけます。授業で、使える表現を覚えたということもあ

るのでしょうが、メンタルバリアがほどけてきたことが大きいように見受けられます。つたない英語でも通じるんだという、

言ってしまえば当たり前に思える原則も、経験を通して学ぶものなのだと改めて感じました。やればできる、できるからもっ

とやりたい、たくさんやったから上達する。シンプルな原則なのですけれど。

 セブ4

【6日目】

今日は雨降りで、涼しく過ごしやすいです。

レッスンの最終日。1週間お世話になった先生方ともお別れです。多くの生徒たちは自分の先生と記念の写真を撮っていま

す。中には感謝の手紙を書いてきた生徒もいるようです。こちらの先生方は、楽しく、そして身になる英語レッスンをしてくだ

さいました。大変ありがたく思います。

余談ですが、今晩の夕食はフルーツパーティでした。

セブ5

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.