1. トップページ >
  2. 第2回「哲学の日」を行いました

第2回「哲学の日」を行いました

去る3月24日(金)、東洋大学の大教室にて、第2回「哲学の日」を行いました。この行事は、「諸学の基礎は哲学にあり」を建学の精神とする本校の「哲学教育」におけるプログラムの一つです。1年間の哲学教育の中で学んだこと、また、哲学ゼミや刑事裁判傍聴学習会など学外の活動を通しで考えたこと学んだことを、学祖井上円了先生の誕生月である3月に研究発表を行う本校の一大イベントです。

1  2

 

第1部では、沖縄での「哲学ゼミ合宿」に参加したメンバーから、「戦争のことを伝えるには、何を伝えるべきか(客観的な事実のみを伝えるべきか、主観的な感情も含めて伝えるべきか)」という問いについて、会場全体での哲学対話を行いました。ゼミ合宿中、遺骨収集や、地元の高校生とのグループワーク、普天間基地周辺でのフィールドワーク等を行ってきた参加メンバーが進行を務め、先生方も巻き込んで真剣な議論が展開されました。

3  3

 

続く「刑事裁判傍聴学習会」の発表では、傍聴した事件についての報告、元暴力団員でもあり、現在は更生して牧師として伝道活動をされている進藤龍也牧師の講演、哲学対話でテーマとなった「死刑は必要か」に対する全体ディスカッションなど、盛りだくさんの内容となりました。

5  6

 

第2部は、第2回「哲学エッセーコンテスト」の表彰式と受賞者による発表が行われました。友達が執筆した哲学エッセーに皆真剣に聞き入り、心に響いたエッセーに対してコメントカードで返信しました。また受賞者には盛大な拍手が送られました。

7  8

 

最後に東洋大学文学部の長谷川勝久先生より講評と記念講演をいただき、「何のために学ぶのか。心にその柱がある人は強い。心に大目的の柱を持った青春の学びの王者であってほしい」というメッセージを送っていただきました。

9  10

 

東洋大学京北高等学校の「哲学教育」は、「生き方教育」とも呼んでいます。「哲学の日」に参加した生徒たちにとっては、この日の発表を通して一人一人が自分の生き方を見つめ、さらに思索を深める機会となったことでしょう。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.