スマートフォン向け表示
  1. 東洋大学 スポーツ
  2. 陸上競技部 松永大介選手がリオ五輪競歩20kmで日本代表選手に決定
メニュー
東洋大学 スポーツ
Facebook
SPORTS 東洋大学
スポーツ東洋

陸上競技部 松永大介選手がリオ五輪競歩20kmで日本代表選手に決定

2016年4月18日(月)、日本陸上競技連盟は8月5日から開幕するリオデジャネイロ五輪の陸上日本代表選手を発表し、本学陸上競技部長距離部門 松永大介選手(理工学部都市環境デザイン学科4年)が競歩20kmの部門で代表入りが決定しました。

写真プロフィール

松永 大介(まつなが だいすけ)
理工学部都市環境デザイン学科4年
1995年3月24日生まれ(21歳)
身長  175cm 体重 61kg
出身地 
神奈川県横浜市
出身校
横浜高等学校
横浜市立浜中学校

松永大介選手コメント

この度、リオ五輪日本代表に選出され、大変光栄で嬉しく思います。
大学に入学した時から、五輪の舞台を目標にしてきました。今は、その目標の舞台に立てる喜びと、メダルを獲得したいという強い思いがこみあげています。
オリンピックでは、世界の強豪に真っ向から挑み、自分らしい攻めのレースをしていきたいと思います。そのためにも、オリンピックまでの一日一日を大切にし、本番で最高のパフォーマンスができるように精進していきます。
この場を借りて、日頃から支えてくださっている皆様にお礼を申し上げるとともに、良いご報告ができるようにしたいと思います。

陸上競技部男子長距離部門監督
酒井俊幸コメント

この度のオリンピック競歩代表は、二大会連続で本学陸上競技部から選出されたことになり大変感慨深いです。代表決定は、日頃からの多くの方々の支えがあってのことです。改めて感謝とお礼を申し上げます。
松永は、2015年の世界選手権選考会で胸の差で出場権を逃し、その悔しさを糧に、今回のオリンピック代表を攻めの姿勢で勝ち取りました。これからは、大舞台で果敢に勝負することを目標に掲げ、体調管理も含め準備を怠らずに行っていきます。また松永には、日本代表としての品格と謙虚な姿勢を忘れずに臨んでほしいと思います。
引き続き、皆様のご支援とご声援の程よろしくお願いします。

主な成績

2013年

 第92回関東学生陸上競技対校選手権大会10000mW

4位

 2013日本学生陸上競技個人選手権大会10000mW

2位

 第82回日本学生陸上競技対校選手権大会10000mW

4位

 第68回国民体育大会10000mW

10位

2014年

 第97回日本選手権20kmW

8位

 ルガノトロフィー競歩20kmW

6位

 ワールドカップ競歩20kmW

2位

 第93回関東学生陸上競技対校選手権大会10000mW

優勝

 第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会10000mW

優勝

 第83回日本学生陸上競技対校選手権大会10000mW

3位

2015年

 第39回全日本競歩能美大会20kmW

3位

 兼 第10回日本学生20km競歩選手権

優勝

 第94回関東学生陸上競技対校選手権大会10000mW

優勝

 第28回ユニバーシアード競技大会10000mW

3位

 第84回日本学生陸上競技対校選手権大会10000mW

優勝

 第22回ひろしま県央競歩大会2015 5000mW、10000mW

優勝

2016年

 第40回全日本競歩能美大会20kmW

優勝

自己ベスト

5000m

19分28秒91 ★ジュニア日本新

10000m

39分08秒23 ★ジュニア日本新

20km

1時間18分53秒