スマートフォン向け表示
前の画面へ戻る
  1. TOYO GLOBAL DIAMONDS >
  2. 外国学修歴・資格認証(FCE)連続セミナー(1回目)を開催しました

外国学修歴・資格認証(FCE)連続セミナー(1回目)を開催しました

  • English
  • 日本語
全景

去る11月18日に外国学修歴・資格認証(FCE)に関する公開研究会が開催され、120名を超える参加者のもとで、活発な意見交換が行われました。

研究会の冒頭で、文部科学省の高等教育局高等教育企画課の進藤和澄国際企画室長からご挨拶をいただきました。進藤室長は、文部科学省では日本の大学の国際化や学生の双方向交流を積極的に支援し、我が国の学位等の国際的通用性を高めていくことをめざしていること、ユネスコの高等教育の資格認証に関するアジア太平洋地域規約の締結に向けた検討が進んでいることなどを紹介されました。海外で取得された学位や成績などを円滑に認証していくことの重要性が共有されました。

写真

 

毛受敏浩さんの講演では、ご自身の近著『限界国家』の内容に触れ、日本における人口減少および労働力人口が加速度的に減少している現状分析をされました。それを踏まえて、定住外国人の受け入れが必須という客観的な状況と受け入れに向けた問題提起が行われました。

 

Chris Burgess教授の講演では、日本において「国際化」「多文化共生」という概念が展開されてきた歴史的変遷を振り返りました。日本の社会が「日本人」 対「外国人」という二分法(バイナリー)に立っており、「外国人」は何年住んでも、何世代日本で過ごしても固定的に「外国人」と区分されることなどの問題点が指摘されました。日本の社会がより外国出身者を積極的に社会の構成員として受け入れ、「開国」していくためのアクションとして、①「日本人」カテゴリーの多様化、②「日本人」の定義を緩和、③「日本人」対「外国人」のバイナリー(二分法)を分解するなどの方策が提案されました。

写真

吉本圭一教授から諸外国で進展する職業資格枠組み(Qualification Framework)の概念が紹介されました。欧州や豪州を中心に、第三段階教育(職業教育と高等教育を総合的にとらえた概念)における学修成果と職業のコンピテンシーの対応を軸とする統合的な教育政策、国家学位・資格枠組み(National Qualifications Framework, NQF)が形成されている状況を報告されました。日本においても同様なNQFの発展が期待されています。

写真

最後にフロアからの質疑も含めた意見交換がおこなわれ、定住外国人、高度人材を受け入れていくために、NQFやFCEなどのシステムが整備されていく必要があることが提言されました。

なお、引き続き、以下のようにセミナーと欧州における調査・研修を実施する予定です。

◆【連続セミナー第2回】(Webinarにより同時配信予定)

12月7日(木)

  18:30-20:00 東洋大学白山キャンパス1号館5階 1510教室

 「日本におけるFCE発展の可能性をさぐる」

 

セミナー申込み(12月7日)

 →コチラ

Webinar申し込み(12月7日)

 →コチラ

 

<講演>

 太田浩(一橋大学国際教育センター教授)

 森利枝(独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構 研究開発部教授)

 

◆【欧州におけるFCE認証機関にかかわる調査・研修】

・日程:2018年3月4日(日)~3月11日(日) 6泊8日

・訪問国:ドイツ・オランダ・イギリス 3か国

・各国でFCE認証機関と大学を訪問

・ドイツ:KMK,  HRK,  DAADほか

  https://www.kmk.org/kmk/information-in-english.html

  https://www.hrk.de/activities/audit-internationalisation/

・オランダ:NUFFIC + Vrije Universiteit Amsterdam(アムステルダム自由大

学)

  https://www.nuffic.nl/en

・イギリス:UK-NARIC + London周辺大学

  https://www.naric.org.uk/naric/

 

<欧州調査・研修に関する問い合わせ>

本研修の申し込み方法は11月中旬に以下のホームページなどで告知いたします。

http://recsie.or.jp/

問合せは以下のページからご連絡ください。

http://recsie.or.jp/contact/

 

====================================================

共催:東洋大学FCE科研チーム・一般社団法人持続可能な国際教育推進のための研究コンソーシアム

協賛:株式会社JTBコーポレートセールス

後援:JAFSA

====================================================

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.