1. トップページ
  2. ストラスブール大学協定締結30周年記念
  3. ストラスブール大学との協定締結30周年記念シンポジウムを開催
MENU CLOSE

ストラスブール大学との協定締結30周年記念シンポジウムを開催

  • English
  • 日本語

集合写真

ストラスブール大学協定締結30周年記念シンポジウム
「グローバル共生社会のあらたなイノベーション人財像」開催

9月22日(火)、23日(水)の2日間、白山キャンパス「125記念ホール」にてストラスブール大学(フランス)との協定締結30周年を記念するシンポジウム「グローバル共生社会のあらたなイノベーション人財像 –変貌する日仏経済・労働環境への創造的“ナレッジ・エンジェルズ”の挑戦-」を開催しました。

シンポジウムはストラスブール大学を中心に5名の研究者をお招きし、日仏の経済・社会・労働の比較研究を中心に、30年間にわたる両大学の交流で積み上げた成果に基づき開催しました。活発な議論により、現代のグローバル共生社会のなかで、今後日仏のイノベーションを支える力となる新たな人財像を、創造的「ナレッジ・エンジェルズ」の挑戦として提案されました。

9月22日(火)

9:30

関係者挨拶

竹村 牧男(東洋大学 学長)
Francis KERN 氏(ストラスブール大学 国際交流担当副学長)
小川 芳樹(東洋大学 経済学部 学部長)

竹村学長挨拶フランシス・ケルン氏挨拶小川経済学部長挨拶

10:30

第1セッション『日仏の経済社会をめぐる政策と制度:市場、競争、所得格差、貧困』

モデレーター: 今村 肇(東洋大学 経済学部 教授)
・Roland PFEFFERKORN 氏(ストラスブール大学 社会学研究所 所長)
・加賀見 一彰(東洋大学 経済学部 教授)

今村先生ローラン・プフェッフェルコルン氏加賀見先生

13:30

第2セッション『日仏の生産システムのイノベーションと産業政策』

モデレーター:安田 聡子 氏(関西学院大学 商学部 教授)
・Stéphane HEIM 氏 (京都大学大学院 文学研究科 准教授)
・富田 純一(東洋大学 経営学部 准教授)

安田聡子ステファン・ハイム氏富田先生

15:30

第3セッション『日仏における雇用労働環境の変化、労働インセンティブと社会的イニシアティブ』

モデレーター:富田 純一(東洋大学 経営学部 准教授)
・Michèle FORTE 氏(ストラスブール大学 労働研究所 所長)
・Francis KERN 氏(ストラスブール大学 国際交流担当副学長)
・今村 肇(東洋大学 経済学部 教授)

富田先生ミッシェル・フォルテ
フランシス・ケルン氏今村先生

9月23日(水)

9:30

第4セッション『変化の時代のスキルチェンジと創造的”ナレッジ・エンジェルズ”の挑戦』

モデレーター:今村 肇(東洋大学 経済学部 教授)
・Emmanuel MULLER 氏 (evoREGコーディネーター、フラウンホーファー システム ・イノベーション研究所(ISI) カールスルーエ および 理論応用経済学 研究所(BETA)、ストラスブール大学)
・澤口 隆(東洋大学 経済学部 教授)

今村肇教授エマニュエル・ミューラー氏澤口隆教授

11:15

クロストーク『グローバル共生社会のあらたなイノベーション人財像を求めて』

モデレーター:今村 肇(東洋大学 経済学部 教授)
報告者全員でのパネルディスカッション

クロストークの様子

12:30

閉会の挨拶

・Francis KERN 氏(ストラスブール大学国際交流担当副学長)
・髙橋 一男 (東洋大学 副学長/国際センター長)

Francis KERN 氏高橋一男副学長

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.