1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部
  5. 社会学部の教育方針(ポリシー)
MENU CLOSE

社会学部の教育方針(ポリシー)

  • English
  • 日本語
社会学部の教育方針(ポリシー)

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

社会学部では、幅広く教養的な科目を履修し、柔軟な思考能力を養うとともに、社会調査に関する知識・技能を含めた社会学の基本的な知識を習得し、かつそれらの知識を活かして、社会問題、文化、福祉、メディア、心理など、現代社会にかかわる様々な事象について自ら考え、専門的な知識と応用能力を身につけ広く社会で活躍できる実践的な人材を育成する。

社会学科3つのポリシー
社会文化システム学科3つのポリシー
社会福祉学科3つのポリシー
メディアコミュニケーション学科3つのポリシー
社会心理学科3つのポリシー
第2部社会学科(イブニングコース)3つのポリシー
第2部社会福祉学科(イブニングコース)3つのポリシー

社会学科3つのポリシー

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

人間はみな社会の中に生まれ、家族、地域、学校、職場などでの諸経験について知的に興味をおぼえ、これは問題だと感じたりする。また、社会現象には様々な要因が複雑にかかわり、さらに社会にはいろいろな立場、価値観の人がいるので、社会現象の正確な把握や社会問題の解決は、簡単にはできない。
社会学科は、学生、教員などの社会に関する観察・評価・分析・解釈を交流する場である。
また、様々な現象や問題を自分の力で調査し、社会学的な理論にもとづいて自ら整理し、考え、説明し、討論し、問題解決にむけて努力できる人材の育成を目標としている。そのため、社会学理論や社会調査の方法と実習の科目、少人数の演習、卒業論文などを必修にしている。したがって社会学科は、次のような人の入学を求めている。

  1. 社会問題や社会現象を、積極的に自分で調べようとする姿勢をもつ人
  2. これまで学んだこと、見聞きしたこと、あるいは経験したことに強い問題意識をもつ人、あるいはそれらの経験を社会学的な視点から見つめなおして、世の中や将来役立てたいと考える人
  3. 物事に自主的に取り組む、行動力のある人
  4. 他者を尊重し、助け合う姿勢をもつ人
  5. 他者の意見をしっかり聞き、それに対して自分の意見を自分の言葉で表現しようと努力する姿勢のある人
  6. 高校までの基礎学力を身につけている人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

社会学科の教育課程は四つの柱からなる。
1.少人数制のゼミナールに所属し、それぞれの学年にふさわしい課題を身につけ、最終的に卒業論文を仕上げる
第一は、各学年必修の演習(ゼミ)である。社会学科では、すべての学生がいずれかのゼミナールに所属し、主体的に調べ、学び、その成果を発表することが求められる。読む、書く、討論する、の基本技術 の習得から始め、社会学を専攻する学生にふさわしいリテラシーを順序よく身につける。
2.社会学的なものの見方の基本となる理論や社会学の歴史を学ぶ
第二は、理論の学習である。社会学的なものの見方の 基礎、各種領域への社会学的アプローチ、そして縦横無尽な社会学の「使い方」を学ぶ。
3.事実を客観的にとらえるための社会調査の方法を学び、実際に調査を体験する
第三は、社会調査の学習である。1年次に「社会調査入門」、2年次に「統計学」をはじめとする社会調査や分析の方法を体系的に学習し、3年次に「社会調査および実習」で学んだことを実際に実践し、自らの手で事実をつかむ知識と技術を学ぶ。
4.環境・地域・組織・家族・教育など、さまざまな領域に社会学的なアプローチを行い、それぞれの現象の理解を深める
第四は、さまざまな領域に社会学的なアプローチを学び、社会をみつめる多様な視点を培う。
社会学科は、卒業論文(卒業研究)を必修としている。全ての学生が、それまで学んだ理論や知識と、ゼミナールや「社会調査および実習」で培った技法のすべてを生かして、卒論(卒研)に取り組む。追求すべきテーマを自ら立て、関連する文献を読みこなし、テーマに応じて調査を行い、 自分の考察を1万6千字以上の論文にまとめあげる。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

下記の能力を備えた学生に学位を授与します。
1.社会学の基礎概念および学説、社会調査の方法論を習得している。
2.社会現象や社会問題について、調査、発表、討論する力を習得している。
3.社会学的な理論や調査をもとに自分で考え、説明できる。
4.社会現象や社会問題について、社会学的な理論や調査をもとに、関心をもち取り組むことができる。
5.社会学的な理論や調査をもとに、問題解決にむけ努力できる。
6.他者の意見に耳を傾け、自分の考えを口頭表現や文章表現によって的確に伝えることができる。

社会文化システム学科3つのポリシー

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

社会文化システム学科は社会学・人類学・地域研究を専門とする教員から成り立っている。これら分野の共通点の一つは「現場主義」ということである。つまり、本や資料によって自分が明らかにしたい問題の現状・歴史・課題を調べると同時に、実際にその現場に足をはこび、見て聞いて調べ分析して、何が問題かを明らかにするということである。これを実証的という。この「読む・出る・見る・調べる」に加えて、「新しいしくみをつくる」ということが本学科の大きな特色である。「しくみ」、つまり「システム」である。
学生には、授業で得た知識を活用して、さまざまなプロジェクトを立ち上げやり遂げていってもらう。また本学科は、語学をいかして国際社会で広く活躍したいと考えている人、あるいは国内において、さまざまな社会的に意味のある活動をしていきたいと考えている人を求めている。その他、以下のような点を入学される方々に求めている。
1.高等学校で身に付けるべき学力
2.いつも、「自分は何がしたいのか」「自分には何ができるのか」を探求しようとする姿勢
3.「私は何をしたらいいんでしょうか?」と指示されるのを待つのではなく、「自分は何をするのか、そのためには何が必要なのか」を考えようとする姿勢
4.「一をきいて、一かんがえる」のではなく、一をきいたら、十かんがえ行動にうつそうとする姿勢
5.調査などでご協力いただく方々に対する礼儀正しさと謙虚な姿勢

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

社会文化システム学科では、社会学・人類学・地域研究の理論を学び、私たちが生きているこの社会と世界を洞察する力を養う。また、「社会」と「文化」を有機的かつ複眼的にとらえる理論的枠組を学ぶ。授業の一環として、学生の興味・関心にしたがって学科が独自に立ちあげた社会連携型プロジェクトの運営に携わったり、有意義な社会的活動を展開している国内外のNPOや企業、その他の団体と関わる中で、学生がその体験を通して社会人基礎力・学問を社会に活かす実践力を身につけるようにつとめている。「教室の中だけで終わる大学教育」で済ますのではなく、学生たちの卒業後の進路をも見据えたキャリア教育との融合をはかり、ひとりひとりの学生が、主体的に「自分は何がしたいのか」を明確に意識し、「思いを形にする」、そうしたカリキュラムを提供する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

社会文化システム学科が4年間の成果として求めるものは、社会学・人類学・地域研究の理論と手法をいかし社会と世界を洞察する力を養ったかということ、「社会」と「文化」を有機的・複眼的にとらえる理論的枠組を身につけたかということ、そして、自分の「思い」をどのように形にしたのかを他の人にもわかる形で具体化し発表することである。

社会福祉学科3つのポリシー

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

少子・高齢化の急速な進展や世界的な経済不況に伴う厳しい経済環境にあって、市民生活において多くの深刻な問題が発生している。このような状況で、福祉ニーズを有する市民が質の高い生活を営むことができるような支援を展開するために、社会福祉の明確なミッションと専門性を有する人材が求められている。社会福祉学科は、そのような高い実践的力量を身につけた人材の養成を目標としている。その目標を達成するために必要なのは、福祉ニーズを有する市民の相談に応じ、必要に応じたサービスを提供できる力、地域における様々な社会資源を調整・開発し、ネットワークを形成できる力、それらを用いて総合的に支援する力である。そのためには、単なる援助方法の習得にとどまらず、対人サービスにおけるホスピタリティの能力、社会調査に基づく分析能力、組織を動かすための運営能力、さらにプレゼンテーション能力を身につける必要がある。社会福祉学科では、社会福祉の制度やサービスを社会科学の視点から学問的に捉え、地域社会を基盤とするサービスに応用して、個人や社会の問題を解決していくことのできる力を養成する指導を行う。具体的には、講義・演習・実習を通じて、ミクロ・メゾ・マクロの視点、個人・家族・組織・地域社会の相互関係を学び、社会福祉の制度・政策の形成および展開過程とソーシャルワークの規範・知識・諸技術を習得するためのプログラムに基づいた教育を実施している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

社会福祉を専門に学んだ者には、社会で暮らす一人ひとりの権利を擁護することによって、個人が自らの幸福を追求するための社会的条件を整備することが求められている。そのことを前提として、社会福祉学の制度・政策論と援助・技術論の統合を視野に入れ、社会福祉の価値と理論を学ぶために、カリキュラムの基礎に、社会福祉学概論、ソーシャルワークの理論と方法等の講義を置いている。また、個人の尊厳を重視し支援する能力を培うために、権利擁護システム論をはじめとして、子ども、高齢者、障害者、それぞれの権利論を配置している。さらに、地域を基盤とした公私の連携や住民参加を促進するための実践、調査、分析などを、すべての学生が社会福祉学専門演習を通じて行う。社会福祉学科は、社会福祉学の学問的体系を学びながら、フィールドでの経験に基づいた実証的な学習を重視し、社会福祉関連サービスの実践力・企画力の習得を目指した指導・教育を実施している。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

社会福祉学科は、社会で生きる一人ひとりの権利を擁護し、社会資源を調整・開発する能力を有する人材の養成を目指している。そのため社会福祉学の価値と理論を習得し、社会正義に基づきヒューマン・サービスを展開する力や福祉社会を支える諸活動を企画・運営する力を有する学生に学位を授与する。

メディアコミュニケーション学科3つのポリシー

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

メディアコミュニケーション学科は、新聞・放送・出版などにかかわるメディア産業、音楽・映像・娯楽などにかかわるコンテンツ産業、通信・システム・データベースなどにかかわるICT産業、あるいは企業、政府、教育機関の広報・情報部門等、現代社会におけるメディアコミュニケーションの領域で活躍できる人材の組織的育成を教育目的としている。それゆえに、この目的にふさわしい資質と基礎学力を有する有為な人物を選抜して受入れる。具体的な資質としては、柔軟な学習能力、確実な語学力、幅広い視野が必要である。なぜなら、急速に変化し続ける情報化社会を理解するには、新しい知識と技術を積極的に受け入れる柔軟な学習能力が求められ、グローバル化が進展した現代のメディア環境で活動するためには、外国語でコミュニケーションする能力が不可欠であり、メディアコミュニケーションの領域で人びとの多様な情報要求を反映させて業務を行うためには、人間・情報・社会・文化・倫理といった幅広い視野に立たなければならないからである。以上の考え方から、外国語、国語、および地理歴史・公民・数学から1科目選択の3科目受験を課すことによって、本学科の教育目的にふさわしい資質があるかどうか、本学科で学ぶのに十分な基礎学力を身につけているかどうかを問うものとしている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

メディアコミュニケーション学の基本的な知識・理論の学習と、それを応用する実践的な技術・能力の獲得を目的として、4年間で順次性のある体系的な教育を行っている。具体的には、情報とメディアに関する専門的な知識と学術的な理論を学んだ上で、それを実社会において効果的に活用するために、多様なコミュニケーションメディアを使いこなして情報を制作、伝達、蓄積、探索する技術と、情報内容を的確に受容、批判、評価する能力を教授している。専門科目の体系は、(1)中軸的科目である各年次の「演習」を縦軸に位置づけて、(2)概論的科目として、メディアコミュニケーション学を包括的に理解するための科目群、(3)専門領域科目として、マスコミ学、社会情報学、情報学の学術的な知識と専門的な技法を修得するための講義科目と実習科目を、横軸に位置づけて選択必修としている。さらに、(4)展開的科目である「卒業論文」を、4年間の集大成に位置づけて選択科目としている。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

新聞・放送・出版・広告などにかかわるメディア産業、音楽・映像・娯楽などにかかわるコンテンツ産業、通信・システム・データベースなどにかかわるICT産業、あるいは企業、政府、教育機関の広報・情報部門等、現代社会におけるメディアコミュニケーションの領域で活躍するために必要十分な思考力と表現力、学術的な知識と専門的な技能を修得する。

社会心理学科3つのポリシー

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

心理学は、高校の教科すべてに関係する総合科学である。実験には理数的要素もあり、社会を見る目には、現代社会への関心と歴史的、国際的観点が重要である。そのため、高等学校までの教科の基礎を偏りなく身につけ、社会に積極的に役立とうという意志を持ち、社会、人間への好奇心を有する人材が求められる。心理学的事象は、人々の間での素朴な思いこみが強い領域であり、一見「常識」とされて社会で流通している事柄であっても、自ら確かめ、真実を知ろうとする気持ちをもつことが大切である。
これを確かめようとすれば、科学的な手続きに則った研究的な方法論が必要である。そのような学びに積極的に取り組むことができ、また、他のひとびとと協力して、集団で実験・調査を行っていくコミュニケーションや協同学習の能力も求められる。
また、社会と人との関わりを知ることは、人にとって、住みよく生きやすい社会を設計していくことにつながる。このような取組みに積極的な関心を持ち、問題を発見し解決するひとつの方法として、人間の性質、人間と人間の関わりの在り方、社会と人間の関わりの在り方について、探究心をもてることが、本学科での学習にスムーズに取り組める要件となり得るだろう。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

社会心理学科では、社会学部に設置されている利点を生かし、心理学的観点と社会学的観点と双方から学習が可能であるように広く選択科目を設けている。人は社会的存在であるという考えの下、個人の思考・感情過程に他者や社会が及ぼす影響、対人間の相互作用や他者に影響された行動、集団において生じる心理・行動など、広範な社会心理現象を取り上げつつ、認知、発達、神経、臨床、パーソナリティなど他の心理学分野も学び、認定心理士取得、心理学検定合格が可能なカリキュラムを設定している。全学共通の教養的科目を通して大学生としての基礎力を培いながら、専門的な心理学に触れ、批判的思考力を磨き、社会的な問題への感性を養い、実証的に解決する発想の基礎を形成することによって、自立的な市民を形成し、キャリアを身につけることができるカリキュラムを用意して、学生の育成に努めている。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

社会心理学科では、専門として社会心理学を中心とする心理学を学び、人間と社会に関わる事象を実証的なスタンスから批判的に思考できる人材を育成している。実験演習などの実習授業を通して、科学的・実証的な取組みを自ら行える力を養い、社会で新しい課題に応用・展開できる力を身につけることが学位授与の目安となっている。

第2部社会学科(イブニングコース)3つのポリシー

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

社会学科(イブニングコース)の歴史は古く、大正10(1921)年に開設された専門部社会事業科(夜間)に遡る。昭和26(1951)年に、文学部第2部社会学科として再スタートし、昭和34(1959)年に社会学部新設と同時に社会学部第2部社会学科が発足した。現代は、様々な社会問題を正確に読み、その解決に向けて積極的に行動することが問われる時代である。社会学科(イブニングコース)は、理論とフィールドワーク(社会調査)の切り口で、刻々と変化する社会を知り、自分を見つめる心の目を育成していく。社会学科(イブニングコース)では、社会学科、社会文化システム学科、社会福祉学科、メディアコミュニケーション学科、社会心理学科の教員の協力により、様々な社会問題や社会現象を自分の力で調査し、それらを理論に基づいて自ら整理、思考、説明、討論のできる人材の育成を目標としている。この教育目標を達成するために、社会調査の実習授業、少人数の演習(ゼミナール)を重視している。上記の教育理念や教育目標に照らして、以下の点に該当する方が入学されることを強く望んでいる。
1.これまで学校教育だけでなく、広く社会において、見聞きしたことに強い問題意識をもつ方。
2.それらの問題を学問をとおして見つめなおし、世の中や将来に役立てたいと考える方。
3.他者の意見をしっかり聞き、それに対して自分の意見を自分の言葉で表現しようと努力する姿勢のある方。
4.高校までの基礎学力を身につけている方。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

社会学科(イブニングコース)は、第1部の社会学科、社会文化システム学科、社会福祉学科、メディアコミュニケーション学科、社会心理学科のそれぞれから基幹科目を抽出し、5学科を総合的に学べることが特色である。専門科目を増やし選択の幅を広げており、語学はその国の社会や文化を学びつつ修得できるようにしている。教職や社会福祉主事の資格取得の道も開かれている。他学部の科目を大幅に単位認定しており、多様な好奇心に応えている。とくに演習(ゼミナール)は各学年必修で開講しており、色々な経歴の人と共に学ぶことで現実的問題に触れることもでき、刺激に満ちている。様々な社会現象・問題を多角的に分析することで、卒業後の進路を多様に広げる。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

社会学科(イブニングコース)では、学位授与の方針として以下の要件を求めている。
1.語学、基盤教育科目、情報科目など、広い教養科目の修得
2.第1部の社会学科、社会文化システム学科、社会福祉学科、メディアコミュニケーション学科、社会心理学科のエッセンスを総合的・多角的に修得
3.社会問題や社会現象について、調査、発表、討論する力の修得

第2部社会福祉学科(イブニングコース)3つのポリシー

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

人間は限りない潜在可能性を根底に持っているという観点から、向上心をもち、自己の可能性を最大限に引き出す意欲をもっている学生に入学してほしいと思う。潜在可能性や自己の可能性は、教育を通して開拓され、気づきや自己発見につながる。社会福祉学科(イブニングコース)は、自己の可能性の拡大を求める学ぶ意欲のある高校生や社会人を多く受け入れてきた実績を踏まえ、自らが選択する多様な人生行路が可能なように門戸を開いている。社会福祉的観点は人びとの生活の全側面に及んでいるので、狭義の社会福祉にとどまらずに、どのような仕事に従事することになっても本学科で学んだことを活用できる人材の養成ももうひとつの基軸と考えている。また、自己の確立が社会を構成する礎となり、自己は他者なしでは、さらに、集団・組織や地域と関わりなくしては自己と成り得ないので、自己を問うと同時に、集団との絆や社会とのつながりを意識し、目的をもった生き方に関心のある人びとに入学してほしいと思う。総合大学としての利点を生かした学際的なカリキュラム構成、ならびに専門科目を学べる機会の提供、多彩な教授陣や共に学び合う仲間との触れ合い、ゼミ活動や調査実習などの主体的活躍の場の提供などを意欲的に活用したい人びとに門戸を開き、待っている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

リベラル・アーツ、なかでも社会科学の視点を基盤にし、社会福祉学およびソーシャルワークの理論・歴史を学び、社会科学実証の手法と実践を身につけ、具体的に社会事象に対応する上で求められるソーシャルワークの知識や技術、政策・行政システムについての理解、そしてコミュニケーションスキルの向上を重視している。ライフ・ステージの各段階に対応する社会福祉の領域・分野に関する科目を配置し、学術的修練の成果を実践の場に応用展開できる能力を身につける。社会調査は社会現象をエビデンスを通して理解させるうえで、学生が学ぶべき必要科目と位置づけ、企画・設計、実施、分析・評価を行う能力を涵養する。各学年に演習(ゼミナール)を配置し、理論と実践の統合を意図しつつ、人格の形成とディプロマ・ポリシーに掲げた諸力を発揮できる機会を提供する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

社会福祉学科(イブニングコース)では、ものごとを主体的に問う姿勢をだいじにし、福祉に関わる問題解決に至るまでの企画力、実践力などの多様な諸力を体得できるように教育して卒業する。具体的には、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、論理的・批判的・創造的思考力、知識・理解力、課題・問題解決力、調査・研究力、組織的活動の企画・運営力などである。