1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部
  5. 「子どもの権利条約 批准20年を考える集い」を開催、NHK総合で紹介されました
MENU CLOSE

「子どもの権利条約 批准20年を考える集い」を開催、NHK総合で紹介されました

  • English
  • 日本語

「子どもの権利条約 批准20年を考える集い」を開催、NHK総合で紹介されました

森田先生

国連の「子どもの権利条約」に日本が批准して20年になるのに合わせて、子どもの貧困の問題や震災の被災地での子どもの現状などを考える集会が11月15日(土)に白山キャンパスで開催されました。 
当日は約50名の関係参加者に加え、200名以上の一般の方にもご参加いただき、活発な意見交換の場となりました。

当日の様子1全体会では、西野博之さん(NPO法人フリースペースたまりば理事長)と阿部彩さん(国立社会保障・人口問題研究所)からご講演いただき、分科会では、実行委員長を務める社会学部社会福祉学科 森田明美教授のゼミ生による被災地での子ども支援についての報告など、この20年間の日本での取り組みや各種調査結果が紹介され、意見が交わされました。

当日の様子

プログラム

10時30分~受付
11時00分~オープニング講演会
  西野 博之さん(NPO法人フリースペースたまりば理事長)
  「居場所の力~川崎“スリースペースたまりば”のとりくみから」
  コーディネーター:森田 明美さん(東洋大学)
13時00分~オープニング行事
13時10分~講演 阿部 彩さん(国立社会保障・人口問題研究所)
    「子どもの貧困問題と子どもの権利」
14時30分~
分科会
1.子どもたちと語ろう!考えよう!子どもの権利
子どもたちと1時間半、子どもたちの権利についてとことん話合いました。
●コーディネーター:林大介さん(東洋大学)
2.東日本大震災と子どもの権利
3年8か月目の被災地の子どもの状況と支援課題を子どもの権利の視点から話し合いました。被災地で広がる「支えられ格差」の中で子どもたちが今どういう問題に直面しているか参加者の方と一緒に考えました。
●コーディネーター:森田明美さん(東洋大学、東日本大震災子ども支援ネットワーク事務局長)
3.障害者権利条件と子どもの権利
障害あるなしにかかわらず、すべての子どもが地域社会で共に生きるために、今年度批准された障害者権利条約をどうしていくかを話し合いました。
●報告:南舘こずえさん(元内閣府障害者制度改革担当室政策企画調査官)、名谷和子さん(障害児を普通学校へ・全国連絡会)
4.地域で支える子どもの権利
子どもたちが抱える福祉的な困難と、子どもたちの「居場所」について。
●報告:景山孝さん(多摩児童相談所長)、西野博之さん(NPO法人フリースペースたまりば理事長)
5.国際的な視点から考える子どもの権利
国連自由権規約委員会・人種差別撤廃員会の日本報告書審査の報告をいたしました。
●報告:部落解放同盟、在日本朝鮮人人権協会、平野裕二さん(ARC代表・子どもの人権連代表委員)
6.ワークショップで学ぶ!性的マイノリティと子どもの権利
「LGBT」ってどうゆうこと?グループワークで学びます 7.ワークショップで学ぶ!ジェンダーと子どもの権利
自分らしく生きるってどうゆうこと?グループワークで学びます
7.「ワークショップで学ぶ!ジェンダーと子どもの権利」
「女性が輝く」「女性活躍」と世間では話題になっていますが、なぜ今「女性が輝く」ことが持ち出されたのか?「その人らしく輝く」のではなく、なぜそれを死別で分けるのか?ジェンダーって何?自分らしく生きるってどういうこと?グループワークで学びます。
●ファシリテーター:樋口けい子さん(子どもの権利@ふくおか事務局長)
16時00分終了

ポスターNHK WebNEWS

この取組みはNHK総合テレビで同日放映されたニュースで取り上げられました。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.