1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 【受賞・表彰】「英語スピーチコンテスト」決勝大会で理工学部生が最優秀賞を受賞
MENU CLOSE

【受賞・表彰】「英語スピーチコンテスト」決勝大会で理工学部生が最優秀賞を受賞

  • English
  • 日本語

「英語スピーチコンテスト」決勝大会で理工学部生が最優秀賞を受賞

平成29年11月4日(土)14時30分より、白山キャンパス6号館にて「英語スピーチコンテスト決勝大会」が開催され、昨年度に引き続き、2年連続で理工学部生が最優秀賞を受賞しました。スピーチの内容と英語力、表現力が高く評価され、第1位に輝きました。

  受賞者  : 土屋 諒真(生体医工学科1年生)
  指導教員:マイケル シュルマン准教授(生体医工学科)
  スピーチタイトル「A Biomedical Engineering Superhero」

  s c 
 

【インタビュー】

感想をお聞かせください

最優秀賞という結果はもちろん光栄ですが、この数ヶ月、スピーチコンテストに挑戦したということがとても良い経験になりました。指導してくださったシュルマン先生や、アドバイスをくださった先生方やGCSスタッフにも、とても感謝をしています。ありがとうございました。

これまでの取り組みを教えてくださいr

7月にエントリーを決意し、本格的に準備に取り掛かったのは8月に入ってからでした。理工学部内選考を経て、自分が学部代表に選ばれたのは9月。そして10月に入ってからは、ほぼ毎日、シュルマン先生に、間の取り方や強弱の付け方、表現方法などを中心に、スピーチの仕方について指導をいただきました。

スピーチコンテスト当日についてお聞かせください

理想のスピーチができました。練習を積んで臨んだ本番は、とても緊張しましたが、 成果を発揮することができたと思います。

今後の目標を教えて教えてください

現在の最も大きな目標は交換留学です。そのためにTOEFLのスコアを向上させたいですし、同時に、生体医工学科の専門科目にも力を注いで、グローバルな視野を持ったエンジニアを目指したいです。
今回最優秀賞をいただいたことは大きな自信になりましたので、今後の大学生活も様々な活動に積極的に挑戦していきたいです。

理工学部のグローバル化への取り組みについて

東洋大学理工学部では、GCS(グローバルコミュニケーションスペース)の運営や、各種資格試験対策講座などを通じて、グローバル人財の育成と国際的視野を持ったエンジニアの育成に取り組んでまいります。

◆昨年度のスピーチコンテスト

東洋大学理工学部 生体医工学科 グローバルコミュニケーションスペース 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)