1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 2011年度 国際観光学科 - フィールドスタディ
MENU CLOSE

2011年度 国際観光学科 - フィールドスタディ

  • English
  • 日本語

国際観光学科のゼミによる国内・海外でのフィールドスタディ

6月25日~26日:二本松研修(福島県)

引率・担当教員道畑美希
内容福島県二本松市旧東和地区・原発事故による放射性物質汚染被害と風評被害の状況のヒアリング
期間6月25日~26日
参加学生学生3名

二本松研修(福島県) 二本松研修(福島県)

NPO法人「ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会」の生産者や道の駅など訪問。これらのヒアリングなどをベースに、Sife Japan(学生の社会活動を支援するNPO団体)で被災地復興支援活動など活動報告を行った。

このページのトップへ

8月27日~30日:米沢研修(山形県)

引率・担当教員藤井敏信(国際地域学科)・川澄厚志(国際観光学科)
内容米沢学を学ぶ-米沢市の地域づくり・観光振興への取り組みの視察と現地調査-
期間8月27日~30日
参加学生国際観光学科2年生・3年生13名、教員2名他合計29名

米沢研修(山形県) 米沢研修(山形県)

山形県米沢市の景観まちづくり、温泉地再生、観光振興、農村コミュニティの実態を把握することを目的としている。上杉城址園(博物館)、東光の酒蔵(酒蔵資料館)、上杉家廟所、笹野観音、等の視察の後,景観まちづくり、温泉地再生、農村コミュニティのテーマごとに各自で調査を実施した。夕方は米沢市の職員や小野川温泉の方々との交流会を開催した。
また3日目は、米沢市役所でのヒアリングでは、市長の講話、遠藤英氏(九里学園高等学校社会科教員)から米沢市の歴史に関する話を伺った。「米沢」の豊かさは何を示唆しているのか、今後における地方都市の課題をどのように捉えていくべきなのか、深く考えさせられた。

このページのトップへ

9月4日: 高尾山研修(東京都)

引率・担当教員Graham Robson
内容2011 4th year zemi summer camp in Mt. Takao, Tokyo
期間9月4日
参加学生Seven students(4th year zemi members)

高尾山研修(東京都)

To look at the tourism resources around Tokyo’s closest nature spot, Mount Takao.
In 3 groups students checked local facilities and resources from the point of views of barrier free, being a foreign tourist and the possibility of eco tours though interviews and site checks.

このページのトップへ

9月25日~30日:ハワイ研修

引率・担当教員森下晶美
内容パッケージツアー運営の現場とハワイ・マーケット視察
期間9月25日~30日
参加学生3年ゼミ生23名

ハワイ研修

JTBハワイを訪れ、パッケージツアーの企画、運営の現場を見学すると共にハワイ・マーケットの現状についてレクチャーを受けた。
また、ヒルトン・ハワイアンビレッジ・ホテルでは、同ホテルのセールス・マネージャーに案内をいただきホテルの施設や運営現場を見学した。さらに、フィールドワークとして、ショッピングセンターやクアロア牧場などで家族旅行に関するヒアリング調査なども行った。

このページのトップへ

9月29日~10月2日:小浜研修(福井県)

引率・担当教員道畑美希
内容福井県小浜市 食育ツーリズムを知る、体験するゼミ合宿
期間9月29日~10月2日
参加学生学生15名

小浜研修(福井県)

小浜市学生滞在型まちづくり提案活動支援事業にて小浜市より活動補助費を活用し、実施した。
活動の成果は、11月中旬に「小浜市活動報告書と提案」を小浜市長に提出した。

このページのトップへ

淡路島研修(兵庫県)

引率・担当教員徳江順一郎
内容ウェスティンホテル淡路見学ならびにパソナ・チャレンジファームにて農業体験
参加学生3年ゼミ生22名

淡路島研修(兵庫県) 淡路島研修(兵庫県)

淡路島の北よりに立地する「淡路夢舞台」内の「ウェスティンホテル淡路」を見学した。
さまざまな客室を案内していただき、最後に大中小の宴会場にも足を踏み入れた。
国際会議場が併設されているホテルだけあり、いわゆる「国際級」の設備を揃えており、一流のサービスが提供される場を直接感じることができた。
さらに、淡路島内の小高い丘に展開する「パソナ・チャレンジファーム」にて、畑の耕作と種まき、そして収穫の体験を行った。
料理として提供される食材がどのように作られるか、実際に身を以って味わうことで、食を軸としたホスピタリティへも、考えが及ぶことが期待される。

このページのトップへ

9月5日~7日:白川郷・高山研修(北陸)

引率・担当教員古屋秀樹
内容白川郷観光振興ならびに高山市におけるバリアフリー観光のヒアリング
期間9月5日~7日
参加学生4年ゼミ生10名

白川郷・高山研修(北陸) 白川郷・高山研修(北陸)

岐阜県高山市の市役所を訪問、バリアフリー観光経の取り組みについて、ヒアリングを行った。
住民の住みよい地域づくりは、外部からの来訪者にとっても利便性が高い地域である、との考えのもと、首都圏からの障がい者をモニターとして来訪してもらいながら、まちづくりに反映したことが明らかとなった。

このページのトップへ

9月28日~30日:北九州・博多研修(福岡県)

引率・担当教員古屋秀樹
内容北九州・門司港レトロ事業ならびに博多天神地区の情報コンテンツ活用のヒアリング
期間9月28日~30日
参加学生3年ゼミ生6名

北九州・博多研修(福岡県) 北九州・博多研修(福岡県)

北九州市産業経済局観光部門司港レトロ課を訪問、門司港レトロ事業の取り組みについてヒアリングを行った。主要構造物の移築、跳ね橋の整備がなされ、行政主導で街並みを整備した事例として紹介があった。
それに対して、天神周辺では、外国人を対象とした経路案内のシステム、障害者を対象とした地下街から地上までの案内システムの構築を行っているが、その実施主体が民間業者であることがヒアリングを通じて明らかとなった。

このページのトップへ

12月2日~4日: 亀岡研修(京都府)

引率・担当教員道畑美希
内容京都府亀岡市保津町エコツーリズムについてフィールドワークを実施
期間12月2日~4日

亀岡研修(京都府) 亀岡研修(京都府)

12月2日~4日まで、亀岡市の保津町の地域振興を進める「保津町まちづくりビジョン推進会議」によるエコツアー「京都保津ツアー」を体験。竹炭づくりや野菜の収穫ほか町歩きなど活動をし、「保津町まちづくりビジョン推進会議」による地域振興の実際について話を伺うなど、町と住民の取り組みを学んだ。

「東京の学生視点で考えた亀岡市、保津町のまちづくり」についての提案をし、推進会議のメンバーや地域住民との意見交換をした今後も、意見交換や学生のインターンシップなどを通じて、保津町のまちづくりに関与していく意向である。

このページのトップへ

過去のフィールドスタディ

国際観光学科

平成22(2010)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成21(2009)年度「フィールドスタディ」詳細ぺージ

平成20(2008)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成19(2007)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成18(2006)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

国際地域学科

平成23(2011)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成22(2010)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成21(2009)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成20(2008)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成19(2007)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成18(2006)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.