1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 2009年度 国際観光学科 - フィールドスタディ
MENU CLOSE

2009年度 国際観光学科 - フィールドスタディ

  • English
  • 日本語

国際観光学科のゼミによる国内・海外でのフィールドスタディ

7月4日~5日:日本の温泉地における現地視察、調査

引率・担当教員梁春香
内容温泉地(草津)における観光振興の現状把握
訪問地群馬県吾妻郡草津町
期間7月4日~5日
参加学生9名

日本の温泉地における現地視察、調査

今回の研修では、温泉地の観光活性化と振興対策についてを研究テーマに置き、温泉地として有名な草津を訪問し、視察、調査を行いました。
景観や道路整備などの課題点が見つかり、それらの改善点を学生間で議論し、観光産業の方に提案しました。

このページのトップへ

9月7日~8日:フードビジネスの現場を訪ねて

引率・担当教員道畑美希
内容地域や環境との共生に取り組む食品工場の見学
訪問地静岡・株式会社ロック・フィールド
期間9月7日~8日
参加学生8名

地域や環境との共生に取り組む食品工場の見学

デパ地下惣菜で有名なロックフィールドの静岡ファクトリー。 保育所や風力発電機、ビオトープのある食品工場はフロンティア的存在。 同社の主力食材じゃがいもを象った黄色いオブジェと風力発電機を背景に。

このページのトップへ

9月9日~16日:環日本海地域における観光地視察、調査

引率・担当教員梁春香
内容中国における観光及び日中観光について
訪問地中華人民共和国、北京市・上海市
期間9月9日~16日
参加学生8名

環日本海地域における観光地視察、調査

経済発展の目覚ましい中国において、観光もまた発展しつつある産業である。その現状を見聞することによりこれからの日中観光を考える指標になることが期待できる。

環日本海地域における観光地視察、調査

北京では胡弓、明の十三陵、万里の長城、北京オリンピック会場を見学。上海では森ビル、豫園、朱家角を見学。また観光学を教えている北京連合大学旅遊学院、上海師範大学を訪問。観光についての意見交換と、学生同士の文化交流が実現しました。

梁研究室:ゼミ紹介のページ(別ウインドウで開きます)

このページのトップへ

9月23日~26日:小樽の観光開発に関するヒアリング(+旭山動物園等)

引率・担当教員古屋秀樹
内容小樽の観光・地域開発過程の把握
期間9月23日~26日
参加学生8名

小樽の観光開発に関するヒアリング

小樽運河視察の後、小樽市役所を訪問、観光振興課森主任より、小樽観光の歴史的経緯の説明を受けた。

小樽の観光開発に関するヒアリング

ニシン漁から、日露戦争によるサハリン獲得、鉄道の敷設、石炭資源の積み出し港により商業都市としての活況する歴史的過程をヒアリングするとともに、戦後の政策変化、現在取り組んでいる小樽ブランド作り等について説明を受け,地域振興についての知見を深めました。

このページのトップへ

過去のフィールドスタディ

国際観光学科

平成22(2010)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成20(2008)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成19(2007)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成18(2006)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

国際地域学科

平成22(2010)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成21(2009)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成20(2008)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成19(2007)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

平成18(2006)年度「フィールドスタディ」詳細ページ

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.