1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 募集型企画旅行演習 講義報告 講義レポート第6回
MENU CLOSE

募集型企画旅行演習 講義報告 講義レポート第6回

  • English
  • 日本語

講義報告 講義レポート

2013年11月13日(水) 旅行業約款とパッケージツアー 

今回の講義はこの募集型企画旅行演習でグアムコースを担当している森下先生による“旅行業約款とパッケージツアー”の授業でした。旅行業約款は、旅行会社で働く上で一番使うことであり、知っていないとパッケージツアーの企画や販売をすることができません。今回は旅行業約款の中でも、実際にパッケージツアーに参加するにあたって特に関係してくる旅程保証と特別補償について教えて頂きました。

例えば参加するパッケージツアーで、パンフレットに記載されていて行く予定であった場所に行けなくなってしまった場合。パッケージツアーの中には旅程保証というものがあり、もし内容に変更があった場合には変更補償金というものが支払われます。詳しくは旅行業約款に定められており、変更内容で金額が異なり、理由によっては支払われない場合もあります。しかし、この変更補償金という約款上の対応だけで旅行を楽しみにしていたお客さまに納得して頂けるのでしょうか。やはり旅行会社もサービス業であるので、約款で定められていることだけでなく、それ以上の対応もしなくてはなりません。

そのことを踏まえて授業の後半では各コース2つのグループに分かれて、実際に旅行内容に変更があった事例について、変更補償金は支払われるのか支払われないのか、旅行会社としてはどのような対応をすべきなのか、について話し合い、各グループで発表しました。実際に考えてみると難しく、変更補償金が支払われるとしても高い金額ではなく、まして支払われない場合では、お客さまに納得し満足して頂くためにも、旅行会社の対応が重要になってくるのだということを実感しました

今回の授業を通して、実際に私たちが参加するパッケージツアーでも内容の変更があるかもしれないので、変更があった場合には一体どのような対応をしてくれるのかということを知ることは、安心して参加し、満足した旅行にするためにも知っておくべきことなのではないかと思いました。

<国際地域学部国際観光学科2年 横山瞬>

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.