1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. Mita Line Photo Map (KITA ZEMI PROJECT​)

Mita Line Photo Map (KITA ZEMI PROJECT​)

English (TOYO Global RDS)

Introduction

Hello, we are Kita seminar’s students. We get together every Wednesday, and our purpose is to guide tourists targeted on foreigners.

We worked on this homepage of photo map along Mita line. For this project we hope more exchange students can visit the spots where we introduced on our photo map.

The reason why we chose Mita line is because it is close to TOYO UNIV and it’s easier for exchange students to visit. There are many photo spots which you can feel atmosphere of Japan.

 


The Meguro River

目黒川

[Access]

Meguro station 6 minutes-walk

3-9 Higashishinagawa Shinagawa-ku Tokyo

Meguro River is one of the most famous spots for people to enjoy the cherry blossoms. It is located at Tokyo, Setagaya, Meguro and Shinagawa, which the water flows towards the Tokyo bay. Meguro River is 7.82km long and 45.8km wide. And there are over 200,000 visitors every year. Meguro River was called the “ Shinagawa River” in the past, and was used as a harbor. In the Edo period, people used the water from the river as irrigation water, so there was many rice fields around the river. But, because the river was deep and wide, once it started to rain heavily, the rice fields will be flooded. Thus, people made a plan to fix the river to become a harbor. They started working on it since 12 year of Taisho era (1923), and finished it on 12 year of Showa period (1937). As a result, the river became straight and people now can fish and play in the river. During the cherry blossom season, you can see the river covered colors pink. At night, you can see it lit up with many different colors. The best season to see the most beautiful cherry blossoms is during the end of March until the beginning of April. Though this season, many tourists gather at Meguro River and spend their time viewing the cherry blossoms. Furthermore, there are some parks, temples and shops around, so you can take a walk around after the cherry blossom viewing.

 


 

Gonnosuke-zaka shopping street

権之助坂商店街

[Access]

Meguro station (main exit) 3minutes-walk

 

[Information]

 Gonnosuke-zaka is a gentle slope. There are 256 stores in total along 3 km street. Around 200 of them are restaurants and most of their customers are local people and office workers around the street.

 The street was developed in Edo-period. Those days, people walked through the street as a course of their excursion. However, the road was so muddy when rained that people were tripped up and the horses for carrying commodities fell off. Gonnosuke Sugawara, the head of the village then, developed the street for villagers, this street being named “Gonnosuke-zaka” after his name.

 In the shopping street, you can enjoy many ethnic restaurants. “Tonki,” for example, is a famous pork cutlet restaurant established about 70 years ago. This is a bit pricey, but they are rated highly in the food website, so you can’t miss it!

 


 

Sentai kosodate jizo bosatsu : statue

千躰子育地蔵菩薩

[Access]

Onarimon station 3 minuets-walk

4-7-35 Shibakouen Minato-ku Tokyo

 

The Kannon statue faced east was located at Kamakura street. It was made by Hojo Tokiyori in Kamakura period. The Kannon statue was said to be good for raising children and giving birth so Sentai kosodate jizo bosatsu statue was placed there.

 

They are dedicated for the safety growth of children and grandchildren, as well as for the memorial service for still birth, or aborted children. To protect and keep warm their heads, “red hat, red apron and pinwheel” were dedicated to the guardian. It’s for showing love to children and grandchildren. Every statue’s buck were carved each their name. Dolls and beautiful flowers are also offered to some of the statue.

 

When the wind starts blow, every colorful pinwheels placed on the statues will start to make the sound and to whirl in the same time. This is the main point for tourists to enjoy.

 

[Information]

Open: 9:00am~5:00pm

Admission fee: free

 


 

The Statue of Godzilla

ゴジラ像

[Access]

Hibiya station (Exit A5) 1 minute-walk

1-2-2, Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo

 

The Statue of Godzilla is in front of  Hibiya chanter. The statue was built for the 40th anniversary of Godzilla’s birthday and commemoration of the movie release “Godzilla VS Destoroyah” in 1995. Godzilla died in this movie.

Moreover, Japan Theater is close to this statue, called “the Holy place of Godzilla” by fan, because the first Godzilla destroyed this theater in this movie.

The height of this statue of Godzilla is 2.2 meters. This is one hundredth to real Godzilla. The wise saying in this movie is inscribed on this pedestal, “I cannot believe that what we destroyed was the last Godzilla”.

Around is there, Nemu no Hiroba, the park having many famous actors, actress and some characters’ hand prints, for example,  Hibari Misora, Jackie Chan, Doraemon, Tom cruise and so on.

This statue also plays an active part as a place to meet in Hibiya.

 


 

Wadakura park

和田倉噴水公園

[Access]

Otemachi station 1 minute-walk.

3-1 Koukyogaien Chiyoda-ku Tokyo

This park was established in commemoration of the Emperor and Empress marriage in 1961, and reconstructed in 2005 in commemoration of the Crown Prince and Princess marriage.

It has the theme: “Continuation and New development,” having a lot of different fountains with water and nature.

Each of them have different meanings; playback for big fountain, hope for bridge, breath for waterfall, eternity for sphere and dialogue for rest area.

 

 

[Information]

Open: until 20 O’clock. (But in summer is 21O’clock)

 


 

 

Genkakuji-temple

源覚寺

[Access]

 Kasuga station (exit A5) 2 minutes-walk

2-23-14 Koishikawa, Bunkyo-ku, Tokyo

 

This temple is known as “Konnyaku Emma.”

 Once upon a time (about 1756~1764), one old woman had an eye disease. She asked The Great King of Emma (Emma) to cure her disease refraining from eating “konnyaku,” her favorite food. She continued to pray for 21 days.

 After that, Emma appeared in her dream while she was sleeping at night. Emma said, “I will exchange my eye with your eye.”  When she woke up, her eye was getting better! Instead of hers, Emma’s eye seemed to become clouded yellow.

 So, she offered konnyaku to Emma as a token of her gratitude all her life.

Because of this story, it is said Emma has our eye get better.

 

 Moreover, “The Pan Pacific Temple Bell” was enshrined in this temple. The bell was made in 1690. This was transported to Saipan in 1937. After that, the bell was lost during the War, but found in America in 1965.  In 1974, the bell came back to Genkakuji- temple.

 Because of this history, the bell is called “a symbol of International Peace”!

 

[Information]

Open:6:30 am ~ 5:00 pm

Admission fee:free

Hakusan shrine


Hakusan shrine

白山神社1 白山神社2

[Access]

Hakusan Station 3 minutes-walk

5-31-26 Hakusan, Bunkyo-ku, Tokyo

 

[History]

Hakusan shrine was moved from Kaga and was founded in 948.The name of the town, Hakusan, today is derived from Hakusan shrine.After that it moved a number of times, and settled at the current location by Tsunayoshi, the fifth Tokugawa shogun in 1655.

 

[Anecdote]

This shrine dedicated to the Kukurihimenomikoto. The god arbitrated Izanaginomikoto  and Izanaminomikoto , a couple of gods, who quarreled in the land of the dead. Hakusan shrine has benefits for marriage, and especially reconciliation of lovers, friends, and family.

 

[Event]

Hydrangea festival is one of the five festivals of the Bunkyo flower. About 3000 hydrangeas are planted in the ground of the shrine.

Hakusan shrine has been believed by a lot of people as the god of the tooth from Edo era. It’s known for benefit to stop the pain of cavities. A memorial service of toothbrushes is held on Sundays. Toothbrushes were given to the visitors as a gift until the Meiji era.

 

[Information]

Open:am8:30 ~pm5:00

 Admission fee: free


Nedu Shrine

根津神社1 根津神社2

[Access]

From Toei Mita Line Hakusan Station 10 minutes-walk. 

1-28-9 Nedu, Bunkyo-ku, Tokyo

 

Nedu shrine was founded 1900 or more years ago by Yamato Takeu no Mikoto. People of those days visited to pray for the peace and security of the country.

This shrine was appointed to an important cultural property of the country.

For it, It endured the Great Tokyo Air Raids ,the Great Kanto Earthquake and still stay from Edo era.

 It has a lot of visitor from not only Japan but also other countries.

Many interesting spots to see are there.

 1. Japanese nutmeg which is said a wish comes true.

 2.1000 toriis. This is said that Evil spirits is expelled when you go through it to the south from the north.

 3.Two storied gates

Azalea Festival is held in here every April and May. You can see about 100 different kind of azalea in the season.

 

[Information]

Open: March ~September until 18:00

      November ~ January until 17:00

      February, October until 17:30

Admission fee: general admission free; Azalea Garden 200yen during Azalea Festival


The memorial tower of Shinsengumi soldiers

近藤勇と新選組隊士供養塔

[Access]

Shinitabashi station (Exit A2) 7 minutes-walk.

7-8-10 Takinogawa Kita-ku Tokyo

 

Shinsengumi arrived at Nagareyama  after they lost the battle of Toba-Fushimi . They had intended to revise their military government; however, the new government found them. Although Kondo, who was a leader of Shinsengumi, tried to commit suicide with Japanese sword, Hijikata  stopped him. After that, they surrendered to the new government and were taken to Itabashi-syuku  by the new military government. On April 25th 1868, Kondo was executed at a mile stone. His body was buried there and his freshly-severed head was sent to Kyoto.

Nagakura Shinpachi,  who was strongly influenced by Kondo, became a proposer and built the tomb on May 1876. It is made of a unique long and narrow prim. This is 3.6 meters high. There are inscriptions on it. It has been registered as a Kita Word designated cultural property since December 10th 2003.

 

[Information]

 Open: 24 hours

 Admission fee: free


Nakajuku Shopping Street

仲宿商店街

[Access]

 Itabashi-kuyakushomae station (exit A1) 1 minute - walk.

 44-4 Nakajuku, Itabashi-ku, Tokyo

 

The total length Nakajuku Shopping Street is 1.7km. This street is located along Nakasendo highway. There are 150 supermarkets, and stalls and shops, which specialize in fish, fruits, vegetables, and Japanese delicatessen.

Nakasendo was a main highway which connected Edo and Kyoto. The word Nakasendo is “中山道”written in Japanese. It was the route passing a lot of mountains. “山” means mountains.

This street was divided into three parts, Kamijuku, Nakajuku, Shimojuku. Since the Japanese emperor was in Kyoto, the part which is heading for Kyoto is called Kamijuku (Upper station). The part which is heading for Edo is called Shimojuku (Under station). Consequently, in between for Kyoto and Edo is the middle part, called Nakajuku (Middle station).

 

[Information]

 Open: Open hours are different among stores, but there are mostly open from 10 a.m. to 8 p.m.

 


Itabashi-ku Kodomo zoo

板橋区こども動物園1 板橋区こども動物園2

[Access]

3-50-1 Itabashi Itabashi-ku Tokyo

Itabashi-kuyakusyomae station (exit A1) 10 minutes-walk

 

Animals

Sheep, Goat, Pony, Rabbit, Guinea pig, Japan deer, European flamingo, Peafowl, etc

 

・Events

①           10:00-11:15 ,       ② 13:15-15:15 

Sheep and Goat are let out of a cage. You can touch and feed them

 

①           11:30-12:00,        ② 15:30-16:00

Feeding time. You can feed animals.

 

①           10:00-11:30,        ② 13:30-15:30

You can hug the guinea pig.

 

①           10:00-11:30,        ② 13:30-15:30

Kids (from 3 years old to 12 years old) can ride the pony. This is the most popular event there.

 

①           11:00,    ② 14:00

You can ride in a carriage. (First 20 team arrivals are only accepted.)

This is not carried out regularly. Please check their homepage.


Jorenn-ji

乗蓮寺

[Access]

Nishi-takasimadaira Station 20 minutes-walk

5-28-3 Akatsuka Itabashi-ku Tokyo

 

In 1394-1428, Muteki Ryoken established this temple.

It was the official place that was specified hunting eagle for Yoshimune Tokugawa, the 8th shogun.

There is a huge called the Great Buddha of Tokyo in Jo-rennji.

The height of the Great Buddha of Tokyo is 13 meters, being the third largest Great Buddha in Japan.

 

The Great Buddha of Tokyo was established for may never happen again praying peace; disasters like the Great Tokyo Air Raid.


目黒川

目黒川

[アクセス]

目黒川駅 徒歩6分

〒140-0002 東京都品川区東品川3丁目-9

 

目黒川は、東京都世田谷区、目黒区及び品川区に位置する東京湾に注ぐ川であり、二級水系の本流である。目黒川有名の花見時期やイルミネーションの時期になると、来客数が200,000人も集まることもある。目黒川の長さは、7.82kmで45.8k㎡の流域面積。

目黒川は昔「品川」(しながわ)といい、湾岸開発が進む前は河口近くで流れが曲がりくねっていて流れが緩やかであったため、古くは港として使われ、「品の行き交っていた川」であった。これが「品川」の起こりとされる。その川で水遊びや魚捕りができたのは、ほんの数十年前までのこと。江戸時代には、目黒川の水を引いて灌漑用水にすることができたため、川沿いには上田(じょうでん)が多かった。しかし、川幅が狭く水深が浅いため、大雨が降れば川の水があふれ、田畑が冠水することがしばしばあった。大正期に入ると、治水とともに目黒川を船が運航できる運河にする計画が立てられ、大正12年に着工、一時中断の後、昭和12年に完成した。これによって、曲りくねった川の流れは、現在のようにほぼ真っすぐになった。目黒川で最初に植えられた桜は1945年、太平洋戦争後日本の復興シンボルとして植えられた桜である。焼野原にソメイヨシノが全部で830本植えられていた。

目黒川は春の桜並木が有名で、昼間にはピンク色に染まった桜並木が見られて、夜にはライトアップされた色鮮やかな桜が見られる。最も綺麗に桜が見られる時期は3月の下旬から四月の上旬である。この時期になると、外国人観光客や日本人観光客が集まって花見をしている。目黒川の周辺には、神社や公園など日本を感じられるスポットもあり、レトロかつオシャレな雑貨屋さんもたくさんある。花見帰りには是非目黒川周辺を散策するのもおすすめ。

 

参考文献

http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20170329002.html

http://ikitsuku.at.webry.info/201203/article_2.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/目黒川


権之助坂商店街

権之助坂商店街

[アクセス]

目黒駅(正面口)徒歩3分

 

[インフォメーション]

なだらかな権之助坂。延べ3㎞に渡って約256の店舗がならんでいる。このお店のうち、8割は飲食店が占め、商店街周辺のオフィスに勤めている方や地元の人が多く利用する。権之助坂という名の由来は、江戸時代へ遡る。当時、この坂は、家族の小旅行の際に、江戸の人たちに利用されていた。しかし、道がきちんと整備されておらず、雨の日には泥に足をとられ、物資を運ぶのにとても大切な役割を果たしていた馬が、道から落ちてしまうということがあった。そこで、菅沼権之助は、村人のためにと、幕府に許可を得ることなく、道を開き、後にこの名前がつけられた。

 たくさんある飲食店はドラマ撮影のロケ地として使用され、有名人が訪れるレストランも多くある。中でも、“とんき”という、70年続く老舗のとんかつ専門店はとてもおすすめだ。値段は決して安くないけれど、食べる価値ありだ。


千躰子育地蔵菩薩

千躰子育地蔵菩薩

[アクセス]

御成門駅 徒歩3分

4-7-35 東京都港区芝公園

 

西向聖観世音菩薩は鎌倉時代、執権・北条時頼公が観音山(現:東京タワー)に辻堂を建て、鎌倉街道(現:六本木方面)に向けて安置した石像の観音さまだ。きちんと西を向いていることが特徴だ。聖観音像は子育・安産において開運の利益広大と言われる。この子育てと安産に大変ご利益がある西向観音にちなみ奉安されているのがこの千躰子育地蔵菩薩である。増上寺ひまわり講の方々が中心となってそれぞれのお施主様が、子供や孫の無事成長を祈って建てた。現在は1300体ほどになる。幼い子や孫の愛情の表れとして、頭を守り、寒さをしのぐための「赤い帽子」「赤い前掛け」「風車」をお地蔵様に奉納している。風車は300円。お地蔵様の背中にはそれぞれ名前が書いてあり、ぬいぐるみやきれいな花を供えてあるお地蔵さんもある。風が吹くとカラカラと音を立て一斉に回るカラフルな風車が見どころだ。

 

[インフォメーション]

営業時間:9:00~17:00

入館料:無料


ゴジラ像

ゴジラ像

[アクセス]

日比谷駅A5 徒歩1分

東京都千代田区有楽町1-2-2

 

ゴジラ像は日比谷シャンテの前にある。この像はゴジラ生誕40周年と1995年の映画“ゴジラVSデストロイヤー”公開を記念して建てられた。

 さらに、この像の近くには日本劇場があり、映画“ゴジラVSデストロイヤー”の中で最初のゴジラが日本劇場を破壊したことからゴジラファンから“ゴジラの聖地”と呼ばれている。

 この像の高さは2.2mで、これは実際のゴジラの100分の1の大きさだ。台座には映画の名言、“このゴジラが最後の一匹だとは思えない”と、刻まれている。

 そして、この像の周りには、多くの有名人やキャラクターの手形が地面に広がる合歓(ねむ)の広場があり、美空ひばり、ジャッキーチェン、ドラえもん、トムクルーズなどの手形がある。

 ゴジラ像は日比谷の待ち合わせ場所として活躍している。


和田倉噴水公園

和田倉噴水公園

[アクセス]

大手町駅 徒歩 1分

東京都千代田区皇居外苑3-1

 

1961年天皇皇后両陛下結婚を記念して設立。2005年皇太子陛下と妃陛下の結婚を機に再設備された。水と自然で構成された空間であり、様々な噴水が設立されており、「継続と新たな発展」といったテーマがある。

それぞれの噴水には意味がある。大噴水=再生。架け橋=希望。滝=息吹。球体噴水=永遠。そして休憩所=対話である。

 

[インフォメーション]

営業時間:20時(夏季は21時)


源覚寺

源覚寺

[アクセス]

春日駅A5出口 徒歩2分

東京都文京区小石川2-23-14

 

源覚寺は「こんにゃくえんま」という名称で知られている。

1756〜1764年の宝暦時代、眼病を患った1人の老婆がいた。彼女はその病気をえんま大王に治してもらいたいと思い、好物のこんにゃくを断ち、21日間お祈りを続けました。

そのあと、彼女の夢にえんま大王が現れ、「私の目とあなたの目を交換してあげましょう。」と言った。彼女が起きた時には目が治っていたのだ。

えんま大王の目が黄色く濁ってしまっているのはこのためだと言われている。

そして、彼女は感謝のしるしとして生涯こんにゃくを供えた。

この話からえんま大王は眼病治癒の神様だと言われている。

 

さらに、このお寺には「汎太平洋の鐘」が安置されている。この鐘は1690年に作られた。そして、1937年にサイパン島へ運ばれた。その後、戦争で行方不明になったが、1965年にアメリカで発見された。

1974年、この鐘は源覚寺に戻ってきた。

ここから、この鐘は「国際平和のシンボル」とされるようになった。

 

[インフォメーション]

 営業時間:6:30~17:00

  入場料:無料


白山神社

白山神社1 白山神社2

[アクセス]

都営三田線白山駅より徒歩3分

住所:東京都文京区白山5-31-26

 

[ご由緒]

白山神社は948年に加賀から勧請、創建された。現在の白山の地名はこの白山神社が由来である。その後何度か場所を移転し、現在の場所に落ち着いたのは1655年頃で、後の5代将軍徳川綱吉によるものだ。

 

[エピソード]

この神社は菊理姫命(ククリヒメノミコト)を祀っている。黄泉の国で喧嘩した夫婦神[1]を仲裁したとされる神様のことである。そのため白山神社は縁結び、とりわけ復縁に効果のあるご利益を授けてくれる神社だ。また縁結びだけではなく、仲違いした家族や友人との復縁にも効果がある。

 

[イベント]

あじさいまつり

あじさいまつりは文京花の5大まつりの1つである。約3000株のあじさいが白山神社の境内に植えられている。

また江戸時代より歯の神様として庶民の信仰を集めた。虫歯の痛みを止めるご利益があることで知られていて、日曜日には歯ブラシ供養が行われている。明治時代までは授与品として房楊子(歯ブラシ)も出していた。

 

[インフォメーション]

営業時間:8:30~17:00

入場料:無料


 

根津神社

根津神社1 根津神社2

[アクセス] 

都営三田線から徒歩10分 

 

根津神社は今から1900年以上昔に日本武尊によって創建された。

当時の人々は国の安泰の祈願をするためにこの地に訪れていた。

江戸時代の建物が、東京大震災や、大空襲をくぐりぬけ奇跡的に残っている『強運の神社』であり国の重要文化財に指定されている。

根津神社には毎年、日本だけではなく海外からもたくさんの人々が訪れている。

お願いをすると願いがかなうと言われている願掛けカヤの木や、北から南に通りぬけると邪気が払われると言われている、美しい千本鳥居、また彫刻が美しい楼門など、たくさんの見所がある。

また、つつじ祭りは毎年4、5月に行われており、約100種類のつつじをみることができる。

ここは都会にいながらもどこか落ち着いていて、都会のせわしく忙しい雰囲気を忘れさせてくれまるで京都にいるような気分にさせてくれるだろ。

 

[閉門時間]

5月~9月 18時まで

11月~1月 17時まで 

2月10月 17時30分まで

 

[インフォメーション]

拝観料無料(つつじ祭り期間、つつじ苑入苑200円)


近藤勇と新選組隊士供養塔

近藤勇と新選組隊士供養塔

[アクセス]

新板橋駅(A2)徒歩7分

東京都北区滝野川7-8-10

 

鳥羽伏見の戦いで敗れ、京都から敗走してきた新選組は、流山へ辿り着く。軍政を立て直す

予定だったが新政府軍に見つかってしまう。近藤は自刃しようとするが土方歳三が止め、新政府軍に投降する。そして本営のあった板橋宿へ連行される。慶応4年(1868)4月25日に板橋平尾宿にあった一里塚で処刑され、首は京都三条河原に送られ、体はこの場所に埋葬された。明治9年(1876)5月に近藤に私淑していた永倉新八が発起人となりこの供養塔を造立した。高さ3.6メートル程ある独特の細長い角柱状で、四面すべてに銘文が刻まれている。2003年12月10日に北区指定文化財となる。

 

[インフォメーション]

営業時間:24時間

入館料:無料

 

1新選組 仕える主家を持たない武士で構成された武力組織

 

2流山 千葉県にある市

 

3鳥羽伏見の戦い 1868年1月に京都で行われた旧幕府と新幕府の戦い

 

4土方歳三 新選組の副長

 

5板橋宿 江戸時代に栄えていた宿場町

江戸と京を結ぶ主要街道の中山道に設けられた69の宿場町の1つ

 

6永倉新八 新選組の中で剣術の師範を務めた


仲宿商店街

仲宿商店街

[アクセス]

 板橋区役所前駅(A1出口)より徒歩1分

 東京都板橋区仲宿44-4

 

仲宿商店街は全長約1.7kmで、中山道沿いに位置している。ここにはスーパーマーケットや雑貨屋、鮮魚店、青果店、惣菜店など約150の店舗がある。

中山道は江戸と京都を結ぶ本街道で、日本語では”中山道”と表記する。中山道は多くの山を通る道であったことからこのように呼ばれ、”山” はmountain を意味する。

この商店街は上宿 仲宿 下宿の3つに分けられている。当時日本皇帝がいた京都側を上宿と呼び、江戸側を下宿、京都と江戸の間を仲宿と呼んでいる。

 

[インフォメーション]

 営業時間:店によって異なるが、大体午前10時から午後8時までが目安となっている。


板橋区こども動物園

板橋区こども動物園1 板橋区こども動物園2

[交通アクセスと住所]

板橋区板橋3-50-1(東板橋公園内) 板橋区役所前駅(都営三田線)から徒歩10分

 

・主な飼育動物

ヒツジ、ヤギ、ポニー、ウサギ、モルモット、二ホンジカ、フラミンゴ、クジャク など

 

・イベント

  1. 10:00-11:15 ,  ②13:15-15:15 

    ヒツジとヤギを放し飼いにするので、触ったりエサをあげたりすることが出来る。

     

  1. 11:30-12:00,  ②15:30-16:00

    エサやりタイム。好きな動物にエサをやることができる。

     

  1. 10:00-11:30,   ②13:30-15:30

    モルモットを抱っこすることができる。

     

  1. 10:00-11:30,   ② 13:30-15:30

    3歳から12歳までのお子様限定でポニーの体験乗馬ができる。この動物園一番人気のイベント。

    1.  11:00,  ②14:00

      先着20組限定で馬車に乗ることができる。毎日の開催ではないので詳細はホームページをご確認ください。

       

      [Information]               [インフォメーション]

      ・Admission fee   FREE          ・入園料   無料

      ・Opening hours 10:00-16:00            ・開園時間 10:00-16:00

      ・Holidays           Every Monday       ・休園日  毎週月曜日


 

乗蓮寺

乗蓮寺

[アクセス] 

都営三田線 西高島平駅 徒歩20分

東京都板橋区赤塚5-28-3

 

 

乗蓮寺は1394-1428年の間に了賢無的によって建てられた。

このお寺は、8代将軍徳川家康の鷹狩の場所として格式のある場所である。

乗蓮寺には「東京大仏」と言われる大きな大仏がある。東京大仏の高さは13メートルもあり、日本で3番目に大きな大仏と言われている。この大仏は、「東京大空襲」のような惨事が今後起きないよう祈られて建てられたと言われている。