1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 大使リレー講義「フィンランド共和国」(2016年)

大使リレー講義「フィンランド共和国」(2016年)

English (TOYO Global RDS)

『国際地域学基礎』において駐日フィンランド大使による特別講義を開催しました

(国際地域学部大使リレー講義・東洋グローバルリーダープログラム)

2016年5月27日(金)、マヌ・ヴィルタモ駐日フィンランド大使閣下が東洋大学白山キャンパスを訪れ、国際地域学部国際地域学科における『国際地域学基礎』で特別講義を行いました。

大使リレー講義(フィンランド)まず、坂元浩一 国際地域学部長より大使のご紹介があり、続いてヴィルタモ大使が登壇されました。大使は、特別講義を自己紹介、そして、ご自身の日本での体験から始められました。最近は、フィンランドからの緊急支援物資を届けるために熊本の被災地を訪問されたそうです。続いて日本とフィンランドの関係に触れていただきました。

そして、フィンランドを各種の世界ランキングを手がかりにご紹介いただきました。フィンランドが安定し、男女平等に優れ、透明性の高い社会であることが紹介され、学生も興味深く聞きいっていました。

講義後の質疑応答では、教育やエネルギー政策、若者と政治との関わり、そして大使ご自身に関する質問も出て、参加した学生の関心の高さをうかがわせました。

本講義(『国際地域学基礎』)は国際地域学科一年の必修として設けられており、国際地域学科で学ぶ様々なテーマ、様々な見方、そして現場主義を学ぶ講義です。卒業生や先輩達も多く登壇されています。今回の大使の講義からも多くのことを学生は学んだことでしょう。特別講義は、履修者以外に、東洋グローバルリーダープログラムに参加している学生も参加し、約220名の学生が聴講しました。

大使リレー講義(フィンランド)

特別講義に先立ち、大使は大学理事長福川伸次と、EUをはじめとする国際問題やグローバル化のなかでの高等教育について意見交換を行いました。

大使リレー講義(フィンランド)

マヌ・ヴィルタモ閣下プロフィール

駐日フィンランド共和国特命全権大使。1952年生まれ。ヘルシンキ大学卒業。1980年フィンランド外務省入省。在ワシントンDCフィンランド大使館公使参事官(経済)、在ロサンゼルス総領事、対外経済関係局輸出・国際化・投資担当調整官(大使)を経て、現職。


(講義担当:東洋大学国際地域学部教授 久松佳彰、同 藪長千乃)


【大使リレー】トップページへ戻る