1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. 第43代東洋大学学長に竹村牧男(文学研究科教授)が再任
MENU CLOSE

第43代東洋大学学長に竹村牧男(文学研究科教授)が再任

  • English
  • 日本語

東洋大学では、2015年9月10日(木)の学長任期満了に伴い、文学研究科教授の竹村牧男(たけむら・まきお)が第43代東洋大学学長に再任されました。任期は、2015年9月11日から2020年3月31日までです。

プロフィール

竹村牧男学長東京都出身(67歳)。博士(文学)。1974年3月東京大学人文科学研究科(印度哲学)修士課程修了。75年4月東京大学人文科学研究科(印度哲学)博士課程中退。三重大学助教授、筑波大学教授などを経て、2002年筑波大学名誉教授就任。
02年4月から15年3月まで東洋大学文学部教授。文学部長を経て、09年9月より学長就任。15年4月より文学研究科仏教学専攻教授。
専門領域は仏教学、宗教哲学。日本宗教学会理事、比較思想学会理事を務める。

◆受賞等
日本印度学仏教学会賞(1984年)、日本宗教学会賞(1986年)、第17回中村元東方学術賞(2007年)、井上円了賞(2008年)。
◆主な著作
『日本仏教 思想のあゆみ』(講談社、2015年)、『大乗仏教のこころ』(大東出版社、2013年)、『<宗教>の核心-西田幾多郎と鈴木大拙に学ぶ-』(春秋社、2012年)など多数。

メッセージ

今回で三期目の学長就任となり、改めて身の引き締まる思いでおります。
文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択されて1年経ちますが、本学が10年かけて取り組む事業「TOYO GLOBAL DIAMONDS グローバルリーダーの集うアジアのハブ大学を目指して」を軌道に乗せるためにも、引き続き責任を持ってこの事業を推進してまいります。
今後は、国際化に向けた改革を最重要課題とし、グローバルリーダーの育成、大学教育改革のより積極的な推進を具体化してまいります。また、2017年度にはグローバル・イノベーション学科を含む学部・学科等の新設・改編を予定しており、これら重要な課題を一つひとつ解決するため全力を傾ける所存です。
これからも本学のさらなる発展のために、全力を尽くしてまいりますので、ご支援、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.