1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. 全国選抜社会人相撲で東洋大職員(卒業生)が団体戦で初優勝
MENU CLOSE

全国選抜社会人相撲で東洋大職員(卒業生)が団体戦で初優勝

  • English
  • 日本語

写真2016年7月31日(日)、第47回全国選抜社会人相撲選手権(日本相撲連盟、津幡町、北國新聞社主催)が石川県で開催され、東洋大職員が初出場初優勝を飾りました。

東洋大職員として出場したのは、卒業生の荒木関賢悟氏(2009年法学部卒)、中出雄真氏(2014年法学部卒)、芳賀翔真氏(2014年法学部卒)の3選手。個人戦では芳賀氏が準優勝となりました。
今大会は、このほかに東洋大学出身の選手が10名出場していました。

【団体戦】
団体予選 3勝9点で予選1位通過
東洋大職員 3 - 0 佐賀県
東洋大職員 3 - 0 長野県
東洋大職員 3 - 0 摂津倉庫
決勝トーナメント
準々決勝
東洋大職員 2 - 1 アイシン精機
準決勝
東洋大職員 2 - 1 長崎県教職員
決勝
東洋大職員 2 - 1 和歌山県庁
Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.