1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 文学部
  5. Overview of the Faculty of Letters//文学部の概要
MENU CLOSE

Overview of the Faculty of Letters//文学部の概要

  • English
  • 日本語

Educational Goals

The broad objective of the Faculty of Letters is to support students in becoming independent and well-cultivated citizens in the rapidly changing society of today. To achieve this, the Faculty of Letters has three basic pillars of education, namely, reading with deep understanding, writing with fluency, and thinking logically and critically. The curriculum consists of three main components: university common courses (general education courses), faculty common courses, and departmental (major-specific) courses. Through this curriculum, the Faculty aims to foster individuals with extensive knowledge and high expertise who are capable of undertaking active roles in the international arena.

Overview

Toyo University Faculty of Letters has a long history of almost 130 years, dating back to the establishment of the Private Philosophy Academy in 1887 by the school founder Enryo Inoue. Having inherited the school motto of “The basis of all learning is philosophy,” the Faculty of Letters has deeply examined the nature of human beings and society across generations and national borders.

Currently, the Faculty of Letters has seven departments. It aims to provide refined education through impactful small-group seminars and other classes. While emphasizing the three abilities most important for an improved life—reading, writing, and thinking—we foster individuals to advance into the future using their profound insight, clear vision, and self-directed learning experiences.

教育目標

高度の教養を有し、主体的に行動できる人材を養成するという目的達成のために、「読む力・書く力・考える力」の育成を教育目標と掲げ、基盤教育・文学部基盤科目・専門科目からなるカリキュラムのもとに、広汎な教養と深い知識の涵養をはかります。 また、それらの授業を通じて、十分な語学力や深い読解力、適切な表現力、論理的な思考力、鋭敏な批判力等々を習得させることを目指します。

概要

明治20年に学祖井上円了が「私立哲学館」を創設して以来、120年あまりという長い歴史を誇る東洋大学文学部は、本学全体の理念である"諸学の基礎は哲学にあり"を受け継ぎ、時代や国境を越えた人間と社会の本質を探究してきました。

現在、文学部は7学科を開設しています。少数の人数で受講する豊富な演習(ゼミナール)などを通したきめ細やかな教育を目指し、人間としてよりよく生きるために大切な「読む力」「書く力」「考える力」という3つの力の育成を重視しながら、高い専門性、深い思考力、広い教養と視野を持った、これからの時代を切り開く人材を育てます。

学部学科/入学定員/修学場所

哲学科

 諸学の基礎「哲学」を学ぶ!
哲学を実践することで、物事の本質を見極める力を養う

哲学科の詳細はこちら

東洋思想文化学科

東洋思想文化学科イメージ日本、中国、韓国、インド、チベットをはじめとするアジア諸国・地域の思想・文化を網羅的に学べる

東洋思想文化学科の詳細はこちら 

インド哲学科(2013年度より「東洋思想文化学科」に統合再編)

 東洋思想の源流を探る
悠久の歴史を持つインド・仏教の文化・思想に触れ、鋭い感受性を育む

インド哲学科の詳細はこちら 

中国哲学文学科(2013年度より「東洋思想文化学科」に統合再編)

あらゆる角度から中国を分析
中国を知る
日本を知る
アジアを知る
自分を知る

中国哲学文学科の詳細はこちら

 

日本文学文化学科

グローバルな視点で日本の文学文化を探る
比較文学文化という新しいコンセプトで、日本独自の魅力を世界から発見

 日本文学文化学科の詳細はこちら

英米文学科

英語を「通して」知る、学ぶ
異文化への理解を通じて、英語の「読む」「書く」「聴く」「話す」技能を養う

 英米文学科の詳細はこちら

史学科

思考と実践の学問
史料の謎をひもとき、人類の知恵から新しい考え方を導き未来に活かす

 史学科の詳細はこちら

教育学科

教育のスペシャリスト
「人とかかわり、人に共感し、人とともに育つ」人材を育成

 教育学科の詳細はこちら

国際文化コミュニケーション学科

Embark upon a new journey!
国際社会で自由にコミュニケーションできる、実践的な英語力をマスター

 国際文化コミュニケーション学科の詳細はこちら

東洋思想文化学科(イブニングコース)

東洋思想文化学科イメージ日本、中国、韓国、インド、チベットをはじめとするアジア諸国・地域の思想・文化を網羅的に学べる

東洋思想文化学科の詳細はこちら 

インド哲学科(イブニングコース)(2013年度より「東洋思想文化学科」に統合再編)

インド文化を堪能しよう!
多様な学びのニーズに応え、体系的にインド・仏教を学ぶ

 インド哲学科(イブニングコース)の詳細はこちら

日本文学文化学科(イブニングコース)

日本を知ろう!
多様な専門分野を学ぶことで日本文学文化の精髄に迫る

 日本文学文化学科(イブニングコース)の詳細はこちら

教育学科(イブニングコース)

生涯にわたる教育を学ぶ
「生涯発達」を中心に、生涯学習時代の新たな教育を模索

 教育学科(イブニングコース)の詳細はこちら

日本文学文化学科(通信教育課程)

 日本の文学を再発見!
フレキシブルな履修システムにより学ぶ意欲に応える

 日本文学文化学科(通信教育課程)の詳細はこちら

入学定員

●哲学科 100名

●東洋思想文化学科 100名 (2013年4月開設)

 ○インド哲学科 50名 ※2013年度より「東洋思想文化学科」に統合再編

 ○中国哲学文学科 40名 ※2013年度より「東洋思想文化学科」に統合再編

●日本文学文化学科 200名

●英米文学科 133名

●史学科 133名

●教育学科 人間発達専攻 100名

●教育学科 初等教育専攻 50名

●国際文化コミュニケーション学科 100名

●東洋思想文化学科(イブニングコース) 30名 (2013年4月開設)

 ○インド哲学科(イブニングコース) 30名 ※2013年より「東洋思想文化学科」に統合再編

●日本文学文化学科(イブニングコース) 80名

●教育学科(イブニングコース) 40名

●日本文学文化学科(通信教育課程) 1000名 ※科目等履修生、科目別履修生、特修生は定員内

 

※入学定員は変更となる場合があります。

修学場所

白山キャンパス
東京都文京区白山5-28-20