1. トップページ
  2. 附属図書館
  3. 【著作紹介】観光交通ビジネス
MENU CLOSE

【著作紹介】観光交通ビジネス

  • English
  • 日本語

観光交通ビジネス 著者堀 雅通、島川 崇 (国際観光学部国際観光学科 教授) 【共編著】 
出版社: 成山堂書店
出版年:2017年 6月発行 
価格:2,800円+税
ISBN: 9784425928811
所蔵館:白山


内容観光の基本的要素である交通(陸・海・空)について、ビジネス、サービスの視点で解説、新たな観光のスタイル、観光需要を増やすためのマーケティングや人材育成、まちづくりといった業界の理論と実務、現状と展望も紹介する。観光は21世紀の重要な成長産業として、その重要性はますます高まっている。本書は、一冊で観光とそれに関わる交通の概略を学ぶことができる観光テキストとなっている。


成山堂書店の紹介ページ

 

教員メッセージ

 国際観光学部の学生及び広く観光に興味・関心のある学生に読んでいただければと思います。

目次

第1章 観光の発展と交通機関
 1-1 観光発展の背景と新たな課題
 1-2 観光交通の特徴
 1-3 交通機関の特性と選択
 1-4 公共交通の利便性の確保
 1-5 需要分析の必要性
 1-6 観光交通の社会経済的意義
 1-7 観光交通の研究課題

第2章 観光交通サービスの特性と観光交通ビジネスの展開
 2-1 はじめに
 2-2 交通ビジネスと観光ビジネス
 2-3 交通サービスと観光サービス
 2-4 観光交通ビジネスの展開
 2-5 地域経済と観光交通
 2-6 まとめ

第3章 観光政策の変遷と観光交通ビジネス
 3-1 はじめに
 3-2 わが国の観光の現状
 3-3 わが国の観光政策とその変遷
 3-4 観光政策と観光交通

第4章 航空ビジネスと観光
 4-1 国際航空輸送の特性と戦略の基本動向
 4-2 国際航空輸送の制度的特性の背景:「シカゴ・バミューダ体制」
 4-3 米国規制緩和とオープンスカイの潮流:「シカゴ・バミューダ体制」の変容
 4-4 オープンスカイ下の企業戦略:グローバル・アライアンスとLCCの展開
 4-5 国際観光と航空の関わり
 4-6 日本における航空政策の展開
 4-7 日本におけるLCCとアライアンスの展開
 4-8 航空と国内観光
 4-9 まとめ

第5章 空港ビジネスと観光
 5-1 はじめに
 5-2 わが国の空港の現状
 5-3 空港整備の財源と仕組み
 5-4 空港運営と空港民営化
 5-5 空港ビジネスと観光
 5-6 観光における空港の機能と役割
 5-7 空港と観光のこれから

第6章 鉄道ビジネスと観光
 6-1 はじめに
 6-2 観光における鉄道の役割
 6-3 鉄道経営に占める観光の位置
 6-4 観光輸送に活路を見い出す鉄道

第7章 その他の交通ビジネスと観光
 7-1 はじめに
 7-2 貸切バス事業と観光
 7-3 タクシー事業・レンタカー事業・クルーズ船・レンタサイクル事業と観光
 7-4 まとめ

第8章 旅行会社のグローバル化
 8-1 はじめに
 8-2 パッケージツアーとともに成長したわが国の海外観光旅行
 8-3 海外旅行のビジネスモデルを大きく変革した「AB-ROAD」
 8-4 旅行業界のIT化の流れ
 8-5 グローバル時代に生き残る旅行会社とは

第9章 地域の活性化・まちづくりと観光・交通
 9-1 はじめに
 9-2 地域活性化のための観光・まちづくり
 9-3 観光まちづくりのポイントと課題
 9-4 まとめ

第10章 観光と環境ーエコツーリズムとサステイナブル・ツーリズム
 10-1 環境問題への警鐘とエコツーリズムの芽生え
 10-2 持続可能な共生社会の構築とサステイナブル・ツーリズム
 10-3 グリーンでサステイナブルな産業を目指して
 10-4 まとめ

第11章 都市ツーリズムと農村ツーリズム
 11-1 都市ツーリズムと農村ツーリズムの概要
 11-2 都市ツーリズムのタイプ
 11-3 農村ツーリズムのタイプ
 11-4 まとめ

第12章 コンテンツツーリズムー観光資源としての鉄道
 12-1 はじめに
 12-2 コンテンツとは何か
 12-3 コンテンツツーリズムの背景と政策
 12-4 コンテンツツーリズムとは何か
 12-5 コンテンツツーリズムの現代的実践事例
 12-6 補論として 観光資源としての鉄道
 12-7 まとめ

第13章 観光まちづくりとNPO
 13-1 はじめに
 13-2 観光まちづくりの史的展開と利害関係者の相互関係
 13-3 観光まちづくりにおける地域参加とNPO

第14章 被災地観光ーダークツーリズム
 14-1 はじめに
 14-2 観光振興のメリット、デメリットとサステイナブル・ツーリズム
 14-3 被災地観光の現状
 14-4 被災地観光を地域の内発的発展に結びつけるために

第15章 MICEと観光振興
 15-1 MICEとは
 15-2 MICEの開催状況
 15-3 日本のMICE誘致の取り組み
 15-4 MICE誘致先進国(海外)の取り組み
 15-5 まとめと検討

第16章 おみやげと観光
 16-1 はじめに
 16-2 おみやげとスーベニア
 16-3 日本における観光みやげの歴史と現状
 16-4 観光みやげの三要件
 16-5 まとめ

第17章 ホテル・宿泊業の構造変化ーマーケティングの観点から
 17-1 ホテル・宿泊業の概要
 17-2 西洋におけるホテル・宿泊業の歴史
 17-3 わが国におけるホテル・宿泊業の歴史
 17-4 宿泊業を取り巻く構図
 17-5 わが国におけるホテル・宿泊業のブランディングからみる市場対応

[著者] 堀 雅通 (ホリ マサミチ)

堀先生【学歴】
 - 1998年, 慶應義塾大学大学院, 商学研究科後期博士課程, 商学専攻
 - 1993年, 青山学院大学大学院, 国際政治経済学研究科, 国際ビジネス専攻修士課程
 - 1980年, 慶應義塾大学, 文学部, 文学科独文学専攻
【学位】
修士(国際経営学), 青山学院大学
博士(商学), 日本大学
【経歴】
  2017年04月 - 現在, 東洋大学, 国際観光学部国際観光学科, 教授
  2014年04月 - 2015年03月, 東洋大学大学院国際地域学研究科, 国際観光学専攻, 専攻長
  1980年 - 2000年, 財団法人運輸調査局, 調査研究センター, 主任研究員・研究主幹
作新学院大学地域発展学部地域経済学科助教授
作新学院大学総合政策学部総合政策学科教授
東洋大学国際地域学部国際観光学科教授
東洋大学大学院国際地域学研究科国際観光学専攻主任・教授
東洋大学国際地域学部国際観光学科長・教授

[著者] 島川 崇 (シマカワ タカシ)

島川先生【学歴】
2011年10月 - 2017年09月, 東京工業大学情報理工学研究科情報環境学専攻博士後期課程
1999年10月 - 2000年12月, ロンドンメトロポリタン大学ビジネススクールMBA(Tourism & Hospitality)
1989年04月 - 1993年03月, 国際基督教大学教養学部
【学位】
MBA(Tourism & Hospitality), ロンドンメトロポリタン大学院
【経歴】
  2018年04月 - 現在, 東洋大学, 国際観光学部 国際観光学科, 教授
  2017年04月 - 2018年03月, 東洋大学, 国際観光学部 国際観光学科, 教授 国際観光学科長
  2016年04月 - 2017年03月, 東洋大学, 国際地域学部 国際観光学科, 教授 国際観光学科長
  2009年04月 - 2016年03月, 東洋大学, 国際地域学部 国際観光学科, 准教授
  2005年04月 - 2009年03月, 東北福祉大学, 総合マネジメント学部 産業福祉マネジメント学科, 講師
  2002年12月 - 2005年03月, 株式会社日本総合研究所, 研究員
  2001年01月 - 2001年03月, 韓国観光公社, 日本部, 客員研究員
  1998年04月 - 2001年03月, 財団法人松下政経塾
  1993年04月 - 1998年03月, 日本航空株式会社

関連リンク

東洋大学研究者情報データベース(堀 雅通教授)
東洋大学研究者情報データベース(島川 崇教授)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.