1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 公開講座
  4. 白山キャンパス学術講演会「『冬のソナタ』から10年-いま『韓流』を考える-」
MENU CLOSE

白山キャンパス学術講演会「『冬のソナタ』から10年-いま『韓流』を考える-」

  • English
  • 日本語

「冬のソナタ」から10年あ
-いま「韓流」を考える-

講師 松本 誠一(東洋大学社会学部教授)
11月18日(火)13:30~15:00(90分) 定員100名

 
講演会趣旨開催場所
 「冬のソナタ」がNHK で繰り返し放送されたのが2003,2004 年で、それから10 年を経た。10 年前、韓国の新聞から感想を求められて、「人気があると言っても、まだ武道館や東京ドームをいっぱいにできないのでは」と辛目に回答したが、その感想はすぐに覆された。2004年にはKBSの取材クルーが東洋大学を訪ねてきて「どうして日本で冬のソナタがこんなに人気があるのか」と質問された際には、彼らを納得させられる回答は与えられなかったが、日本の中高年女性が「好きなものは好き」と言っているのだから、日本の対韓国観は変わると感想を述べた。「韓流ブーム」以来、日韓関係がもっとも冷え込んでいると言われる現在でも、この感想は間違っていないと思う。現に今でさえ、1週間に放送される韓国ドラマ、Kポップスなどの番組は100本以上ある。過去40年間、日韓間を行ったり来たりしてきた者の一人として、ペ・ヨンジュン氏の「俳優としての自分の役割はアジアの人の心と心の間に壁をつくるのではなく、心と心をつなぐことである」のメッセージを称えつつ日韓の現状と将来を考えてみる。東洋大学白山キャンパス
申込方法
ハガキに「白山学術(冬のソナタ)」受講希望と記入のうえ①郵便番号、②住所、③氏名(フリガナ)、④電話番号を明記し下記宛にお送りください。
※ お申込は、1講演につき1枚でお申込ください。※他のお申込を併記しないでください。
※ 下記申込期間終了後に「受講証」をお送りいたします。なお、定員を超えた場合は抽選とさせていただくこともございます。その際は、申込期間終了後に抽選結果をお送りいたします。また、受講可能な方には「受講証」をお送りいたします。
申込先
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会貢献センター「白山学術(冬のソナタ)」係 
TEL:03-3945-7635
申込期間
平成26年9月1日(月)~ 11月7日(金)必着
受講証発送予定日 11月10日(月)
※ 申込時にご記入いただいた住所への到着まで2~ 3日お待ちください。
Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.