1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 公開講座
  4. 秋期エクステンション講座B3 グローバル化する難民問題-イスラーム教徒の視点から考える-
MENU CLOSE

秋期エクステンション講座B3 グローバル化する難民問題-イスラーム教徒の視点から考える-

  • English
  • 日本語

B3 グローバル化する難民問題-イスラーム教徒の視点から考える-

p

講師石川 えり (認定NPO法人 難民支援協会代表理事)
子島 進 (東洋大学国際学部教授)
クレイシ・ハルーン( 大塚モスク、日本イスラム文化センター事務局長)
日程

11月10日(金)~11月24日(金)
毎週金曜日:全3回
18時15分~19時45分(90分)

会場東洋大学白山キャンパス 交通アクセスはこちら
受講料

一    般 :¥4,860 (全3回分)
東洋大学生:¥1,620 (全3回分)

定員

40名

講座趣旨 

 シリア、イラク、イエメンなど、今日の難民問題の多くは、いわゆるイスラーム圏で起きている。では、ムスリム(イスラーム教徒)たちは、難民問題をどのようにとらえ、どのような支援活動をしているのだろうか。本講座では、これまでほとんど取り上げられることのなかったムスリム自身の価値観や行動を通して、難民問題を考えてみたい。イスラーム地域研究、難民支援に特化したNGO、そして実際に海外で支援を継続しているムスリムの観点から、難民という社会現象を具体的かつ複合的に考察する。

講座期間

日程
第1回
11月10日(金)石川 えり
難民問題の現状
-中東を中心に-
第2回
11月17日(金)子島 進
支援に従事する
イスラーム教徒の価値観
第3回
11月24日(金)クレイシ・
ハルーン
大塚モスクによる
海外難民支援

申込期間:平成29年9月1日(金)~10月27日(金)必着 ※今年度の申込は終了しました。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.