1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 国際哲学研究センター
  5. 東洋大学創立125周年記念国際シンポジウム
MENU CLOSE

東洋大学創立125周年記念国際シンポジウム

  • English
  • 日本語

グローバルな現実に向きあう哲学

9月16日(日)、東洋大学白山キャンパス2号館16階スカイホールにて、東洋大学国際哲学研究センター主催の国際シンポジウム「グローバルな現実に向きあう哲学」が開催された。これは、前日の15日のシンポジウムとともに、東洋大学創立125周年記念行事の一環として行われたものである。4名の講演者(うち3人は海外から)を招いての国際色豊かなシンポジウムであり、それぞれの専門分野からテーマに対する提題がなされた。日本語に加え、フランス語・英語でも発表がなされたが、来場者は同時通訳者による通訳音声をレシーバーにて聞くことができるかたちのシンポジウムであり、100名程度が参加する盛会となった。各発表者の発表要旨は以下のとおり。

東洋大学創立125周年記念国際シンポジウム

ジャヤンドラ・ソーニー博士(オーストリア・インスブルック大学講師)は、「ジャイナ教における非暴力の哲学的正当化」と題する発表を行った。古代インドの宗教の一つであるジャイナ教において、非暴力(不殺生)は哲学の根本的な概念であり、形而上学的な正当化がなされてきた。それゆえ、マハトマ・ガーンディーがジャイナの強い影響下のもとで行ったように、ジャイナの修行者や在俗の人々は、可能な限り非暴力(不殺生)の実践をしようと努めてきた。ソーニー博士の発表は、ジャイナ教哲学による非暴力の哲学的正当化の議論を、特にそれの説く「7つの真実」との関連のもと、また寓話や寓意を交えつつ紹介したもの。それにより、人間の行為のさまざまな側面に関する知見を得ようとし、人間の行為の美徳や価値を形成するものは何かについて論じた。

東洋大学創立125周年記念国際シンポジウム

呉震教授(中国・復旦大学)は、「徳川日本の心学運動における中国的要素―「儒学の日本化」と兼ねて」という題目で、「グローバル化」という視点のもと、日本と中国における心学思想の比較を企図する発表を行った。具体的には、江戸時代に石田梅岩が開いた「石門心学」を取り上げ、その中に中国儒学の影響を見ることに主眼が置かれた。たしかに梅岩の信仰は日本の神道を中心としており、石門心学は根本部分では日本の庶民文化を反映している。その点でそれは本質において中国の陽明心学とはかなり異なっており、直接的な影響を受けてはいない。ただ、石門心学では中国の儒学の知識のみならず中国の民間に流布していた因果応報の話も取り入れられており、そこに中国的要素を見出すこともできる。こうした議論により、氏は、日本の心学を東アジア儒学全体の視野において研究することの重要性を訴えた。

東洋大学創立125周年記念国際シンポジウム

エティエンヌ・タッサン教授(フランス・パリ第7大学)は、「グローバリゼーションの時代における人間の条件」という発表を行った。ハンナ・アレント研究をはじめとする政治哲学研究で著名なタッサン氏は、ここ数年「世界政治(コスモポリティック)」という概念でもって、「世界」という概念についての哲学的な考察を展開している。今回の発表では、まず、この「世界政治」の観点から、政治哲学的に考察された「世界化」ということと経済的な「グローバリゼーション」とを区別する必要性が指摘された。その上で、人間の世界への関わり方を考える際に経済(オイコス)的、社会・文化的、政治的という三つの次元に峻別することによって今日の「世界政治」ということの意味を考える必要性が提起された。

東洋大学創立125周年記念国際シンポジウム

ケネス・田中教授(武蔵野大学)は「アメリカに浸透する仏教:その現状と意義」と題する発表を行った。これは、現代アメリカにおいて仏教に関心を持つ人の数が極めて多くなってきている現状を指摘し、その原因を近代化やグローバリゼーション等に見ようとしたものである。近年、人々は組織化された宗教よりもスピリチュアリティーに魅かれている。スピリチュアリティーとは「個々人による聖なるものの体験」である。これは近代化の産物であり、個人主義に基づく。近代化、グローバル化された世界の中で、団体や会社はあてにならず、自分自身をあてにするしかなくなってきている。また、流動的な社会の中で人は明確な自己規定ができなくなってきている。そのことが、自分自身で考えることや真実の自己の探究への欲求をもたらし、瞑想の需要をもたらした。仏教は個人の体験を重視するスピリチュアリティーや瞑想をその重要な要素として含んでおり、それがアメリカにおける仏教の成長の大きな要因である。また、仏教は、多様な宗教が共存していくための寛容性、開放性も備えているので、アメリカにおける仏教の成長は今後も続くであろう、と論じた。

東洋大学創立125周年記念国際シンポジウム

各発表の後には村上勝三研究員が、それぞれの発表に対するまとめと問題提起を行い、続く総合討論では、山口一郎研究員の司会のもと、フロアからの発表者に対する質疑も交えた豊穣な議論がなされた。

なお、発表の模様は国際シンポジウム「グローバルな現実に向きあう哲学」(20120916) から見ることができる。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.